【英国留学】学校への登録

今日から全生徒向けのオリエンテーションが始まります。

流れとしてはこんな感じで進みます。

9:30 Welcome to the School

11:00 Welcome to the Department

11:40 Introduction to the course

12:00 Tutor`s introduction

12:45 Lunch with Tutors

13:15 Student`s introduction

14:15 Registration

まずは学校のDirectorから学校の歴史、特徴、学生について等々のお話がありました。1899年創設とのことで、かなりの歴史のある学校であることを改めて感じました。今期の生徒数は575人、リサーチコースに300人、さらに通信教育で1600人が授業を受けるそうです。

その後、Registrar担当から選択科目のこと、英語や数学の補講のことなどの話がありました。

ここまでが全体セッションでその後は、学部に分かれてのセッションになります。私の学部には8コースぐらい設置されているので、まだかなりの人数となります。ここからはかなり専門的な話となってきて、なんとかこれまでの経験で当たりをつけて理解しようとしましたが、正直かなり専門用語が飛び交い、少々不安も募りました。

この後さらにコース毎に分かれてのセッションとなります。私のコースは留学生の数から類推して15人かせいぜい20人くらいかと思っていたのですが、集まってびっくり、倍の40人近くの生徒がいました。一人一人の自己紹介があったのですが、様々な国から、様々なバックグラウンドを持った人たちが来ており、冒頭のセッションでDirectorが言っていたように、学ぶだけではなく人的ネットワークが世界中に広がることもこのコースの大きな特徴のようです。

Tutorからの自己紹介があったのですが、それぞれ専門が違い、フィールドとしている地域も様々でした。ただ、英国のせいか、フィールドがアフリカの人がほとんど、いてもインドまでで、東南アジア方面の人はまったくいなかったのが少し残念です。Tutor制度については、なんとなく知ってはいる物の、いったいどんなことをTutorと話すのか、具体的にイメージが持てないでいます。だれがアサインされるのかまだ分かりませんが、どんな人になるのか楽しみです。

お昼をコースの生徒やスタッフと食べて、午後は登録になります。登録用紙にサインをして提出したところ、仮の学生証をくれました。その後、ちゃんとした学生証のために写真を撮影し、あっさりと登録は終わりました。実は学費の振り込みの確認ができていなかったのですが、問題があれば今週か来週には向こうからコンタクトするので、問題ないとのこと。あっさりしたものです。

今日はこれにて終了となり、家に帰りすこしゆっくりできました。明日は一学期の授業についての説明、プログラムの説明があります。少し予習しておこうと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください