【旅食】台北で小籠包と言えばやはり「鼎泰豊(ディンタイフォン)」は外せません。一度は行く価値あり!

鼎泰豊

小籠包の超有名店、鼎泰豊。

世界中に支店がありますが、その本店は台北にあります。

NYタイムズ紙で世界で最も特色ある10大レストランに選ばれたこともあるほどの有名店。

 

鼎泰豊本店はこんな店

日本支店のサイトに説明がありました。

ディンタイフォン(鼎泰豐) | 小籠包・点心の台湾料理・台北料理|公式

鼎泰豐(ディンタイフォン)は小籠包が看板メニューの点心料理店です。1958年に台湾台北市で食用油を取り扱う油問屋として創業した鼎泰豐は1972年に小籠包を始めとする点心料理の販売を始めました。鼎泰豊の小籠包は地元の皆様を中心に美食家達の評判を呼び、新聞や雑誌のグルメコーナーでも紹介される人気レストランとなりました。1993年にはニューヨークタイムズ紙で「世界の人気レストラン10店」の1つにも選ばれ、一躍知名度が上がり、台湾国外からも多くの観光客が来店する世界的なブランドとなりました。(上記ページより引用)

 

場所ですが、台北市のこのあたり。

 

 目抜き通りにあるのでアクセスも良いですね。

 

いざ鼎泰豊へ

初日に鼎泰豊よりおいしいとガイドブックに書いてあった明月湯包に行って小籠包を堪能したのですが、その比較対象となっている鼎泰豊の小籠包を食べないことには比較もできません。

【旅食】台湾で鼎泰豐よりも美味しい小籠包が食べられる?「明月湯包」に行って確かめてみました。 | Master of Life Blog Remaster

かなりの人気店なので行列必至だと聞いていましたが、泊まっていたホテルから徒歩圏内にあるということもあって、朝ご飯を狙って開店時間にあわせて行ってみました。

開店直後に到着すると、待っている人はいなくて、すぐに3階に案内されました。並ばないで席に着くには、開店直後がおすすめのようです。

店の前にはマスコットキャラがいます。 
やっぱり小籠包押しなんですね。 
鼎泰豊

 

メニューには美味しそうなものがたくさんありましたが、朝ご飯なので、あまりたくさんたのみませんでした。

 

食べたのはこちら。

鼎泰豐
 

キュウリの前菜。ごま油、ラー油、唐辛子、ニンニク、塩での味付けでしょうか。さっぱりして美味しい一品。

 

そして、こちらは蒸し餃子。

鼎泰豐

 

そして、真打ちの小籠包。一人前、10個入っています。

鼎泰豐

明月湯包のものと比べると、こちらの方が皮が薄かったです。(その分、個数も多いのでしょうか。)

 

食べ方としては、皮を破らないようにつまみ上げて、レンゲにのせて、醤油と酢をかけた千切りの生姜を添えていただきます。

日本語付きの食べ方解説書も用意されています。

鼎泰豐

 

最初は何もつけずにそのままいただいてみました。じんわりと沁みる美味しいスープと餡でした。中のスープの量が多いのも小籠包らしくていいところですね。

 

Tomo’s Comment 

明月湯包と比べてどちら、と言えるほど小籠包を食べているわけでもないのでなんとも言えないところで、結局、どちらも美味しかったとしか言えません。

でも、この美味しさはさすが有名店。やっぱり台湾に行ったら鼎泰豊には行ってみるべきだと思います。

 

小籠包についてはこちらでも

【旅食】台湾で鼎泰豐よりも美味しい小籠包が食べられる?「明月湯包」に行って確かめてみました。

【旅食】恵比寿で小籠包を食べるなら「京鼎樓」。三種類の小籠包がどれも美味しかった!

コメントはまだありません。

  • お、ついにこのお店の登場ですね。美味しいですよね~、小龍包。私も一気にファンになってしました。でも「明月湯包」も同じくらい美味しいというのは凄いですね。今度台湾に行ったら、「明月湯包」にも行かねば!!

  • >asさん、こんばんは。
    小籠包、美味しかったです。改めて美味しさを認識しました。
    次回はasさんも行かれた京鼎楼にも行ってみたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です