【旅食】ベトナム・ハノイで、ASHIMAのキノコ鍋を再び。相変わらず美味しかった!

DSCN0068

 

ハノイに着いた夜ご飯は最近(といってももう数年来)はやっているというキノコ鍋。

前回来たときも食べましたが(こちら)、同じAHIMAを再訪してみました。 

 

 

ASHIMA再訪 

Matsutakeという提灯でアピールしていますが、入ってみるとお客さんのほとんどが地元の人たちでした。

値段も、現地食にしてみるとかなりのものだとは思いますが、ベトナムも富裕層が出てきているのかもしれません。

 まずは前菜で揚げ春巻きを。

ベトナム春巻き

盛りつけにもかなり気を遣っている様子が伺えます。もちろん味もばっちり。ちょっと上品。

 

前回食べ損ねたマツタケも試してみました。といっても、鍋に入れてしまうのはもったいないのでマツタケご飯。

マツタケご飯

値段はそれほど高いという訳ではないのですが、前回は相対的に高かったため敬遠してしまいました。換算すれば全然高くないのですが。

 

そしてメインのキノコ鍋。

キノコ鍋

 スープの種類、入れるキノコとその他の具が選べます。今回はシメジとエリンギ、あともう一つわすれてしまいましたが、都合三種類のキノコ。頼んでみると意外な量でびっくり。

 

器にとってタレをつけならがいただきます。

付けダレ

 

この胡麻ベースのタレがとってもおいしくて、淡泊な味のキノコともよく合います。

ワインも進んでまたまた大満足の夕食でした。

 

Tomo’s Comment 

ベトナムの人は鍋が好きなので、はやるのも納得。そういう意味では鍋だから日本料理という訳ではないのですが、どうもASHIMAは店のそこここに日本の香りを感じさせるので、やはりベースとしては日本の鍋を取り入れているのかもしれません。

今後も、ハノイでの定番になってくれそうです。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です