【旅食】せっかくヨーロッパに行ったら寝台特急で国境越えしてみよう!Trenhotelでマドリッドからリスボンへ

trenhotel

 

バルセロナからマドリッドへ電車で移動し、観光をして一泊。

次の日も目一杯観光して、ホテルに戻り荷物をピックアップして夜22時25分の電車に乗るためにチャマルティン駅へ行きました。

そう、せっかくの機会なのでマドリッドからリスボンまで、夜行列車を使うことにしたのです。

この夜行列車、トレンホテル(Trenhotel)と言って、寝台列車なのです。

 

トレンホテル

このマドリッドーリスボン間の夜行列車は、Trenhotelとかルシタニア号と呼ばれている列車でマドリッドーリスボン間を10時間ほどで結んでいます。

この夜行の予約は日本語のサイトからも可能ということで、こちらのサイトから予約をしてみました。

 

特にトラブルも無く予約も出来、駅でも特に問題ありませんでした。

というよりも、バルセロナーマドリッドに乗ったときよりもあっけなく列車に乗り込めたので、若干拍子抜けしたほどです。

荷物検査も検札もなく列車までいけました。

 

 

今回予約したのはGran Classという一番良い席。

部屋の中にトイレやシャワーが付いているのと、食堂車での夕食がついているというのが魅力でした。

かなりの期待感ではありましたが、特段Luxuryなというものではなく、内装などはいたって実用的なもの。スペースもそれほどの広さではありませんでした。

こちらが列車に乗り込んだ際の部屋の様子。まだ寝台仕様にはなっていません。

Trenhotel

 

そしてこちらが個室に着いているシャワー・トイレの様子。

Trenhotel

あまり広くもありませんし、寒かったのでシャワーは結局利用しませんでした。

 

そして列車出発後しばらくすると遅い夕食の時間となります。

食堂車に移動しての食事となります。

乗り物の中でご飯を食べるのは特別感があって好きなのですが、食堂車というのはさらに旅情があって楽しみにしていました。

Trenhotel

 

食堂車らしくこんなテーブルがセットされています。

メニューは前菜、メイン、デザートからそれぞれ選択するというもの。ちなみにメニューはこんな感じ。

Trenhotel meny

 

まずスターターとして選んだのはバカリャウ(塩ダラ)とヒヨコ豆のサラダ。

Trenhotel

塩ダラを食べたかったのですが、このヒヨコ豆との取り合わせはとってもあってました。コリアンダーもいいアクセントです。

 

そしてメインはポークを選択。

Trenhotel

意外とやわらかくてソースとの相性もばっちり。ゆで野菜とピラフがそえられています。

 

そして最後のデザートは、重いものを食べたくなかったのでフルーツを選択。

Trenhotel

 

 

3皿のコースを堪能して客室に戻ると、ベッドがセッティングされていてあとは寝るだけ。

Trenhotel

 

快適な睡眠がとれるかと思いきや、意外と列車の走る音ってきになるもので、なかなか寝付けませんでした。

 

なんとか寝たものの、朝7時41分にはリスボンに到着してしまうということも有り、6時半に起きて朝食を食べに再度食堂車へ行きました。

朝食はパンとコーヒーとオレンジジュース。パンはなかなか美味しかったかな。

Trenhotel

 

そして時間通りリスボンのサンタアポロニア駅に到着。

Trenhotel Lisboa SantaApolonia

 

朝早かったのですが、駅までタクシーをつかまえホテルへと向かいました。

 

Tomo’s Comment 

寝台電車に乗ったのはかなり久しぶりの経験でした。

さらに食堂車でのディナーが付いているということで、この旅行の中でもかなり楽しみにしていました。

豪華列車の旅とまではいきませんでしたが、非日常の雰囲気を楽しめて大満足。ホテルが一泊分節約にもなりますし、今後ヨーロッパを旅行する際には試してみたいと思います。

 

 

旅先での移動についての記事はこちらにも

【旅行】ロンドンからダブリンまで列車とフェリーを乗り継いで行く方法(1)チケットの予約と受け取り

【旅行】ロンドンからダブリンまで列車とフェリーを乗り継いで行く方法(2)ロンドンからホリーヘッドへ

【旅行】ロンドンからダブリンまで列車とフェリーを乗り継いで行く方法(3)フェリーに乗ってダブリンへ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です