【旅食】リスボンで絶品エッグタルトを食べるならここ!「パスティシュデベレム(Pasteis de Belem)」のエッグタルトを堪能

エッグタルト

ポルトガルのエッグタルトが美味しい、というのはどのくらい有名なのでしょう?

日本ではマカオのエッグタルトが有名ですが、これも元はと言えばポルトガルのもの。

すでに返還されていますが、長いことポルトガルの海外領土となっていたためエッグタルトも伝わってきたものです。

そんなエッグタルト、本場リスボンでとっても美味しい店で食べてきましたので紹介します。

 

Pasteis de Belem

ジェロニモス修道院でマヌエル様式建築に圧倒された後、案内してくれたポルトガル人の友人が美味しいお菓子を食べに行こうと連れて行ってくれたのがこちらでした。

Pasteis de Belem

 

何のお店に連れて行ってくれるのかと思っていたのですが、ポルトガルでとっても食べたかったエッグタルトのお店でした。エッグタルトはポルトガル語で、パスティシュデナタというのですが、ここはベレム地区のエッグタルトを売っているそうです。

Pastel de Belem (リスボン) の口コミ・写真・地図 – トリップアドバイザー

 

 

 

1837年創業というこちらのお店。もともとはジェロニモス修道院から作り方が伝わったというエッグタルトを作り続けているそうです。

美味しさの秘密は高温で焼きあげることだとか。

店内では厨房が見えるようになっていて、こちらの部屋には焼き上がったタルトが並んでいるのを見ることができます。

Pasteis de Belem

 

タルトを作っているところも見学が出来るのが楽しいですね。

これは測りですね。昔使っていたものでしょうか。

Pasteis de Belem

 

 ここで受け取ってお客さんの所に運ばれます。

Pasteis de Belem

 

 これはリスボンの美味しい7つの店に選ばれた、という説明だったと思います。

Pasteis de Belem

 

 

エッグタルトを堪能 

厨房を見学しつつ奧に進んで、いよいよ食べるテーブルにつきます。常に混雑しているからか、席が空くのを待つ人用のレーンがあって、混雑時はここにならんで案内されるのを待つ仕組みだそうです。

この日は、運良く団体客が来る前に入れたためか、すぐに席に通してもらえました。

 

そしていよいよエッグタルトを注文。このように運ばれてきました。

Pasteis de Belem

 

焼き加減が微妙に違うように見えますが、そこはご愛敬。高熱で焼くため多少の色の違いは生じてしまうのでしょうか。もちろん味はどれも美味しくてまったく問題なし。

こちらでは、シナモンや粉砂糖を振って食べるのが一般的なようです。テーブルの上に置いてありましたので好きなだけふりかけていただけます。

素朴なお菓子なのですが、甘味も過剰ではなくて押さえられていますし、卵の風味もよく感じられます。タルト部分もいい具合にサクサクしていました。できたてというのも美味しさの秘訣かも。

 

Tomo’s Comment 

さすがにポルトガル人の友人がおすすめしてくれるだけあって、とっても美味しい体験が出来ました。

あとで調べてみたら、結構な有名店なんですね。やはり現地に友人がいると、おいしいものにありつけます。ありがたいことです。

 

ポルトガルの美味しいものはこちらにも

【旅食】ポルトガル・エヴォラのレストラン「FIALHO」でアレンテージョ料理を食す

【旅食】リスボンで一番古いと教えてもらったカフェでバカリャウを食べる

【旅食】地元密着のファド酒場「ア・バイウカ・アルファマ」でポルトガル料理を楽しみながら特等席でファドを聞く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です