【旅食】季節外れのリスボン名物のイワシを食べる。

sardinha

 

ポルトガル人の友人に聞いたところによると、リスボンの美味しいものと言えばイワシとのこと。

ただ、リスボンを訪れた12月は(もう4月になりましたがまだこのブログでは12月のポルトガルのことを書いています)イワシのシーズンではない、とのことで、また夏にリスボンに来ようと思っていました。しかし・・・、

 

季節外れの鰯料理を発見

この日は市電に乗ってあちらこちらに行ったのですが、リスボン中心の東側の丘の上にあるサン・ジョルジュ城に行く途中のお店のメニューを何気なく見てたらイワシがあることに気がつきました。

Sardinha

 

季節外れかもしれませんが、せっかく鰯を見つけたので食べてみることに。

お店はこちらのComidas da Santiago。

場所的に観光客向けのお店なのかもしれません。結構たくさんの人が入っていました。

 

イワシだけではなくあれこれ食べてみる

まずはビールから。

ビール

石畳の坂道を見ながらのビールはまた格別です。

 

パンとオリーブがやってきました。

パンとオリーブ

どこのレストランでも最初に出てくるのですが、こうした基本的なものが美味しいのがポルトガルです。

 

エビの炒め物も美味しかったです。やはり魚介類はハズレがなさそう。

エビ料理

 

ポテトのスープは予想よりもかなりボリュームがありました。トマトとジャガイモがよくマッチしています。

ポテトスープ

 

そして待ちに待ったイワシがやってきました。

鰯焼き物

 

シンプルに塩焼きになっています。ちょっと粉を付けてフライパンで焼いてるのかな。頭からむしゃむしゃと食べられました。

 

Tomo’s Comment 

おそらく旬の季節であれば、さらに美味しかったとは思いますが、普段ガーナにいてなかなか青魚を食べる機会が無いこともあってか、シンプルな料理でしたがとっても感動しました。

 リスボン、次は夏のイワシの季節に再訪したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です