【旅食】「あつた蓬莱軒本店」でひつまぶしを堪能

IMG 0104
名古屋にいってきました。
やはり楽しみは食べること。名古屋名物といえばたくさんありますね。味噌煮込みうどん、きしめん、味噌煮込みうどん、ういろう、等々。
でも今回選んだのはひつまぶし。

あつた蓬莱軒へ

お櫃のご飯に鰻を細切りにしたものをまぶしたもの、なのでひつまぶし。ただし語源には諸説あるようですが。
そんなひつまぶしの老舗が蓬莱軒です。せっかくなので本店に行ってみました。
熱田神宮のすぐ近くにも神宮店がありますが本店はもう少し歩きます。
こちらが本店。蓬莱陣屋と書かれていますが、これが本店だとのこと。
IMG 0106
門を入ると趣のある構えの入口。
IMG 0105
座敷かと思いきやテーブル席もあってこの日はテーブル席の方に案内されました。
草薙というお酒を冷やでいただきます。
IMG 0096
そして季節の野菜のサラダを。
IMG 0097
あつた蓬莱軒は鰻屋さん、というわけではなく、和食のお店のようでうなぎ以外のメニューも充実していました。ただせっかく鰻を食べにきたので、ひつまぶし以外の鰻の一品も頼んでみることに。

そしてやってきたのがこちら。

IMG 0098
肝わさ。
うなぎの肝は肝吸いくらいでしか食べたことがありませんでした。こちらの肝わさは肝を湯がいたのでしょうか、味付けはされていないので、ワサビと醤油でいただきます。
こってりしているかと思いきや、意外とさっぱり。ワサビとあわせるとさらにさっぱりいただけました。

ひつまぶし登場

そして、もちろんメインはひつまぶし。

IMG 0108
お新香、お吸い物もついてきますが、メインはこちらのーひつまぶし。

 

IMG 0100
量が結構たっぷりありました。
ひつまぶしの食べ方ですが、メニューにも書いてあるやり方に倣ってたべてみます。
しゃもじで鰻とご飯を四等分したら、まず一杯目は、そのままいただきます。
IMG 0101
関東の鰻と違い蒸さないで焼くためなのか、香ばしくカリッとした食感が美味しかったです。
二杯目は、ネギ、海苔、ワサビの薬味をかけて。
IMG 0102
薬味、特にわさびが加わるとさっぱり感がましてまた新しいうなぎの味が楽しめます。
そして、三杯目は薬味をかけてさらにだし汁をかけて、うな茶漬け風に。
IMG 0103
たっぷりとかかっているうなぎのタレとだし汁が合わさり美味しいスープが楽しめます。
そして四杯目は、上の三つの食べ方から好きな食べ方でとのこと。
私は折衷案で、薬味をかけて少し食べてからだし汁をかけていただきました。
ひつまぶしを食べたのは初めてではありませんが、今まで食べた中で一番美味しいひつまぶしだったと思います。特に、食べ慣れている関東風のうなぎとは違う焼き方のうなぎが美味しく感じました。そして、ともすればしつこく感じるうなぎを違った方法で食べることで飽きずに食べることができるひつまぶしの食べ方もいいですね。
また名古屋にくることがあれば訪問したいと思います。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください