【旅食】リスボンのリバーサイドのレストラン「イボレストラン(IBO restaurante)」は良い眺め、良いサービス、美味しいシーフードが楽しめます

IMG 0407

昨晩遅くの羽田発のパリ行きの便で日本を離れました。エールフランス便でしたがJALとの共同運行便でオペレーションはJALでしたので、機内食で最後の和食を楽しみパリまで。パリではリスボン行きへの乗り継ぎだけでした。

そして今日の昼過ぎにリスボンに到着。一泊の予定なので荷物を空港の荷物預り所に預けて、バスで街に向かいました。今回も行に利用したのと同じホテルリヴェイラテージョというところ。空港バスで終点まで行きました。

お昼過ぎだったので目的地のバス停に着くとお腹が空いていることに気づきご飯にすることにしました。そういえば前回きた時に海辺にレストランがあったことを思い出しためしてみることに。

 

IBO Restauranteへ

レストランはIBO restauranteというところでした。

メニューは海辺にあるのでシーフードが充実していましたが肉料理も楽しめるようです。内装も爽やかな雰囲気でした。

IBO Restaurant

海を見ながらの食事ですので、魚を食べることにしましたが、残念ながら今がシーズンのイワシはないとのこと。イワシのグリルが食べたかったのですが、もう少し庶民的なレストランに行った方が良かったのかもしれません。

 

パンとパンにつけるオリーブオイルが出てきましたが、なかなかのおしゃれさ。

IBO restaurant

右はホモスのカレー味のもののようでした。左はトマト。

 

そしてこちらが本日のスープ。

IMG 0413

コーンがベースだと思いますがもう少し濃厚になっていました。小ぶりのほうれん草に似た野菜が入っています。

 

そしてサラダはルッコラとパルミジャーノレッジャーノ、生ハムのサラダ。

IMG 0414

ルッコラの味が濃厚でチーズとも良く合います。

 

飲み物ですがイワシとヴィーニョヴェルデという低アルコールの発砲ワインにしようと心に決めていたこともあり、イワシはなかったのですが、頼んで見ました。

Soalheiro

香りが良いワインでしたが、アルコールは12度あって、発砲もあまりしていませんでした。甘めの白ワインっぽかったけど、こういうヴィーニョヴェルデもあるんですね。

 

そしてメインはスズキのグリル。

スズキのグリル

たっぷりのレモンとオリーブオイルをかけていただきました。濃い味の白身がふっくらと焼けていました。

 

 

Tomo’s Comment 

窓からはテージョ川が眺められ、遠くにはクリストレイという、巨大なキリスト像も見ることができます。

IMG 0405

イワシが食べられなかったのは残念ですが、優雅な気分で食事ができて満足です。

ちなみに値段は立地のせいもあってちょっと高めでした。

 

ポルトガルのおいしいものはこちらでもどうぞ

【旅食】リスボンで絶品エッグタルトを食べるならここ!「パスティシュデベレム」のエッグタルトを堪能

【旅食】地元密着のファド酒場「ア・バイウカ・アルファマ」でポルトガル料理を楽しみながら特等席でファドを聞く

【料理教室】リスボンで凄腕シェフから料理を習う。シェフの自宅で家庭でもつくれる料理教室。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です