【旅食】本場フランスのフォアグラやステーキを堪能。パリのChez Michelで美味しいフレンチをいただく。

Chez Michael

先日の日本への一時帰国の途中でパリを経由してきたのですが、せっかくなので数日滞在してきたのは以前にもかいた通りです。 あいにくとちょうど都合の良い料理教室がなかったことから、今回は食べるほうに専念しました。 しかしヨーロッパでレストランでの外食は一日一回が限度です。昼も夜もレストランというのはお腹的にかなり厳しいものがあります。行きたいレストランはたくさんあったのですが…

 

パリのレストラン、Chez Michael

この日はパリの北駅近くに滞在だったので近くのレストランに行って見ることに。 行ってみたのはChez Michelというレストラン。  

Chez Michel (パリ) の口コミ・写真・地図 – トリップアドバイザー
トリップアドバイザーでも好評なレストランでした。

 

場所は滞在していた北駅から歩いて行ける範囲でした。

 

ちょっと早めに入ったので先客はなしでした。

 

 

フォアグラやステーキを堪能

まずはキールをもらって何を食べるか考えます。 その間出てきたのがこの巻貝。

chez michael

 マヨネーズをつけていただきましたが、味は日本の田舎で食べていた巻貝に似ていました。うちの田舎では「なんこ」って呼んでいました。

 

メニューはこんな黒板に書いてありました。  

IMG 1967

キールに引き続きワインを。

IMG 1969

 

 

 一品目にもらったのはこちら。

IMG 1970

フォワグラとガレット。 そういえばフランスでフォワグラを食べたことなかったのでした。濃厚ですが、くどかったり口の中に嫌な匂いが残ることもなく美味しかったです。

メインはステーキ。

IMG 1971

 焼き加減がよく、外側がカリッと焼けていて中が柔らかく仕上がっていました。全体が柔らかいことが多い日本のステーキよりも好みです。

 

そしてデザートはミルフィーユ。 

IMG 1974

 甘すぎず美味しかったです。 フランス料理はいまいちよくわかってないのでつい知ってるものを頼んでしまいましたがどれも美味しくて満足でした。

 

Tomo’s Comment 

フランス料理は濃厚なイメージかあるのですが、レストランの種類やオーダーによってはそうとも限らないようです。 これから少し興味を持っていきたいと思いました。

 

2 件のコメント

  • 凄い胃に重そうなお料理ですね。コッテリ系が苦手な私はフォアグラNGなんですが、本場ならそんな胃もたれすることもないのでしょうか。最後のデザートまでボリュームが多くてビックリです。Tomoさんといえばイタリア料理というイメージですが、フランス料理にも進出ということで、そのうち世界中のお料理をマスターしちゃいそうな勢いですね!!

  • >asさん、
    確かにかなり胃にくるメニューでした。このあとホテルに帰ってからぐったりして次の日も飛行機で移動だったのですが食欲がなかったですね。
    フランスにあまり馴染みがなく料理も詳しくないのですが、ちょっと興味が出てきました。勉強してみたいと思ってます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です