【旅行】ドブロヴニクでの最初のホテルは旧市街の小さな可愛らしい部屋

P1080615

ドブロヴニクには8泊することになっていたので、ホテルは旧市街の中のホテルと外のホテルに半分ずつ泊まることにしました。

 

アパートメント・フェスタについて

前半に泊まったのは旧市街のホテル。

Booking.com: アパートメント フェスタ , ドゥブロヴニク, クロアチア – 61 ゲストレビュー . 今すぐホテル予約!
ホテル予約サイトの一つ、booking.comのページです。

 

Tripadviserや他の大手予約サイトにはあまり掲載されていないのはなぜなのか不思議でしたが、Booking.comのレビューでの評価が非常に高かったのと立地が旧市街で、そしてなによりもキッチンがついているということでここに決めました。

 

立地

場所は旧市街、つまりドブロヴニクの城壁に囲まれたエリアの中にありますので、旧市街を歩き回ったりするのにはとても便利です。


大きな地図で見る

空港からのバスは西側の入り口であるピレ門に到着します。

ピレ門から旧市街に城壁を抜けて入るとプラツァ通りという東西に走るメインの通りにつながっています。

このプラツァ通りをしばらく行って右に曲がればいいというのは分かっていたのですが、街のスケールが分からなかったのでどの辺で曲がればよいのか最初は感覚がつかめず地図を頼りつつあるいていました。

ホテルからの案内ではドミノというレストランの目の前なので誰に聞いてもすぐ分かるとのこと。

ふと少し太めの通りで右を見てみると遠くにドミノの看板がでていました。

P1080613

見にくいですが、突き当たりの先の屋根の上にある看板がドミノレストランの看板です。

この道をあるいていくと確かにドミノレストランは見つかったのですが、その向かいビルにはアパートメントという標識はでているものの、名前は一切書かれていない状態で、一体どのドアがお目当てのホテルなのか混乱します。(この後、街で見たところも名前がなくてApartmentとかSobeとしか書いてないところが多かったです。Sobeというのは部屋という意味だそう。行く前に正確な場所はよくチェックしておいた方が良いでしょう。)

もう電話するか、適当にどれか押してみるかと思っていたときに通りがかったおばあさんに聞いてみたところ、とあるドアの横の呼び鈴をブーとならしてくれました。

しばらくするとアパートの人が出てきてご挨拶。名前を確認するとここが確かに目指していたApartment Festaでした。

 

P1080615

ここがApartment Festaの入り口です。一番下の呼び鈴を鳴らしました。

部屋は

案内された部屋は1番という番号の部屋。入ってすぐ左の部屋でした。

扉を入ると右手が少し階段で降りるような形でキッチンとリビング、階段を登るとロフトのような寝室、という構造でした。

こちらがキッチン。

IMG 3740 2

小さいながらまあなんとかなる感じ。ちなみに最初は鍋やフライパン、包丁、まな板などがなかったのでアパートの人に言って持ってきてもらいました。

そして二階というかロフトが寝室。

寝室にはテレビがついていました。もちろんエアコンもあり。

IMG 3743

 

キッチンの先がバストイレですが、バスはシャワーブースがあるだけです。

IMG 3739

 

部屋のサイズとしてはかなり小さくて、ちょっと息苦しくなるくらいかと思ったのですが、まず設備が非常に新しくて掃除もよくしてあるのでピカピカ。家具類もセンスが良いのと、クロアチアのシンボル(なのかな)の赤いハートマークの模様があちこちにあしらってあったりしてファンシーなのとで、あまり息苦しくは感じませんでした。

 

留意点

ゴミ出しは自分たちでしなければなりません。8時半までにドアの外に置いておくと掃除人の人たちが片付けてくれるとのこと。

また料金は到着時に一括で現金で支払う必要があります。これはザグレブでの部屋も一緒でしたので、こちらのアパートタイプのところは共通しているのかもしれません。ホテル予約サイトでは予約だけで、現地で現金払いというのが基本のようです。クロアチアクーナかユーロの現金を用意しておいてください。

 

Tomo’s Comment 

立地は抜群です。表通りからは少し入ったところになるので騒音もありません。いった時期はたまたまお向かいのレストランDominoが休暇中だったこともあって、夜も静かでした。人がいたとしても窓を閉めてしまえばあとは石造りの建物なのであまり音は入ってこないと思います。

設備は、台所とテーブルは小さいのですが、なんとか問題ないくらい。これをあまり大きくすると今度はスペースがほとんど無くなってしまうのでサイズ的にはこんなところでしょうか。料理は本格的にはできませんが、焼いたり茹でたりといったことはできますので、スペースを工夫すれば何とかなりました。

上でも書きましたが、まるでリノベーションしたばかりのようになにもかもがピカピカだったのが嬉しいところでした。表側から見るとかなり年季の入った建物だと思い、内装もそれなりに古めかしいと思っていたら良い意味で期待を裏切られました。

縦に長い構造の部屋なので、暖房をすると下が暖まるのにちょっと時間がかかりました。風向きを下にしたのですが、それでもやはり熱気は寝室側にこもってしまうようでした。

総合的にはとても満足のいくところだったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です