【ブログ運営】サイトURLのwwwありとなしの問題に頭を抱えたものの解決

IMG 0272

カツブシ(卵)ありとなし。北海道で食べたシャコです。

wxPクラウドでサーバーを契約して、さらにドメイン取得も行って、WordPressのインストールもしましたっていうのがこちらの記事でした。 【ブログ運営】独自ドメインでWordPressでのブログ運営を開始しました。とりあえずブログ開設までの流れをまとめておきます。 引っ越してきてから最初に書いた記事です。

 

 

その後WordPressのことなど勉強しようとあちこちのサイトを読んでいたら、URLにwwwありとなしが混在していると良くないよ、という記載を読んでちょっと心配になったので、もう少し詳しく調べてみることにしました。 ちなみに、私はWordPressをインストールする際に、サイトのURLはwwwが付かない形式で設定していたのを覚えています。

wwwが付いているのか付いていないのか

wpXクラウドの契約をする時に、ドメインについての「良くある質問」を読んでいたらこんな記載がありました。

Q www有りのURLを使いたいのですが可能ですか? A はい、可能です。 管理パネルにログイン後、「サーバーの管理 > ドメイン追加設定」メニューより、予めご利用予定のドメインの追加設定を行ってください。追加設定後、WordPressをインストールする際、サイトアドレス欄に「www」を入力し、対象のドメインをご指定ください。

これを読んでwwwを付けるのか付けないのかの選択をするものなんだなということが分かりました。URLは短くて分かりやすい方がよかろうと思い、wwwなしで設定したので、自分のサイトはwww無しだということを覚えていた次第です。

ということで、私のサイトはhttp://master-of-life.netが正解のはず。では、ブラウザにhttp://www.master-of-life.netを入力したらどうなるのか、気になってしまいました。 そしてやってみたところ、自分のページが表示されたため混乱してしまいました。 あれ、もしかして、wwwありとなしで同じページがあるってこと???

wwwありのページとなしのページで同じ内容があるということは、Webの世界に二つの重複した内容のページがある事になってしまいます。参考にしたサイトによれば、そうした状態は検索エンジンにやさしくなかったり、リンクやコメントが同じ内容の二つの別のページに付いてしまい混乱することがあるそうです。 しかし、そもそも新しく新規に作ったページで、あえてwww無しのURLを選択したのだから投稿した内容が二つの場所に表示されるってことは考えにくい現象です。

wwwありとwwwなしの正規化

もし二つの別のサイトが存在している場合には、一つに統合しつつ、ありなしどちらのURLからでもアクセス可能にするというのが正解のようです。 やり方はたくさんのサイトで紹介されていますが、こちらのサイトがわかりやすかったと思います。

「www あり」「www なし」の統一問題まとめ – 301リダイレクトとは / どちらが SEO 的に有利? – Nire.Com こちが良くまとまっていて分かりやすかったです。続きに具体的な統一のやり方が書いてあります。

 

やり方は書いてあるのですが、正直ちょっと分からない・・・。そもそも重複したサイトになってしまってるかも分からない・・・。

結果として

で、他のサイトもいろいろと見ていたところ、こちらのサイトに答えが出ていました。

WordPressのドメインURLをwwwありwwwなしに正規化する設定方法 – SEOのホワイトハットジャパン 説明も分かりやすかった!

 

助かった場所を引用しますと、

正しく正規化できているか確かめる方法 www.なしに正規化しているサイト:wwwありでアクセスしてみてwwwなしのページにリダイレクトされていれば正解www.ありに正規化しているサイト:wwwなしでアクセスしてみてwwwありのページにリダイレクトされていれば正解

ということで、もう一度www.master-of-life.netとブラウザに打ち込んでみたところ、master-of-life.netのページが表示されていることが分かりました。つまり、すでにリダイレクトが設定されているということのようですね。

Tomo’s Comment 

よく分からないけど、ありがとうwpXクラウド!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です