【ブログ運営】iPhoneやMacのアプリをアイコン付き紹介できるAppStoreHelperをMarsEditのヘルパーとして導入したのでその方法を紹介します。

 

AppStoreHelperEyecatch

 

ブログでアプリを紹介するときにアイコン付きのリンクが簡単に入れられると便利ですよね。しかもPHGのアフィリエイトID付きで。

調べてみたところ「ひとりぶろぐ」さんで公開されているAppStoreHelperが便利そうなので早速導入してみました。

 

AppStoreHelperとは

「ひとりぶろぐ」のmoyashi (@hitoriblog)さんが開発したiPhone/Macブロガー専用HTMLジェネレータです。

詳しくは下記のリンクからご覧いただければと思います。

 

ひとりぶろぐ » 【30倍速い】iPhone/Macブロガー専用htmlジェネレータAppStoreHelperテスト版

 

 

 

実は以前は「普通のサラリーマンのiPhone日記」のhiro45jp(@hiro45jp)さんが開発したAppHtmlを使っていたのですが、アフィリエイトがリンクシェアからPGHに変わった後はつかっていませんでした。

普通のサラリーマンのiPhone日記 | iPhoneに魅せられた普通のサラリーマンの日々の生活を綴ってます。

 

 

 

久しぶりにのぞいてみたらPGH対応版も作成してくださっていたので使ってみたのですが、MarsEditの編集画面で「HTMLをペースト」してもうまく表示できなくて困っていました。

どうしたらうまくいくのか調べてみたのですが、よく分からず・・・。

仕方ないので代替の方法を探していたときに出会ったのがAppStoreHelperでした。

AppStoreHelperはMarsEditの編集中にリンクを作成して挿入できるというのが魅力に感じました。

 

導入の方法

まずは「ひとりぶろぐ」のAppStoreHelperの記事に行きます。

ここにダウンロードリンクがありますので、最新版をダウンロード。今回は「Ver.0.64alpha(人柱版)」が最新だったのでこれをダウンロードします。

Zipファイルがダウンロードされるので解凍します。アプリとフォルダが二つあります。アプリアイコンはアプリケーションフォルダにコピーまたは移動しておきましょう。

AppStoreHelper1

 

次にMarsEditを開いてメニューのスクリプトをプルダウンして一番下の「Open Scripts Folder」をクリックします。(下の画像はすでにスクリプトを入れた後の状態なのですでにAppStoreHelperが見えています。気にしないでください。)

AppStoreHelper2

ここをクリックするとフォルダが開きます。その前に先ほどダウンロードして解凍したフォルダの中からMarsEdit3フォルダの中にあるAppStoreHelper.scptを表示させておきます。

AppStoreHelper3

 

これを先ほどの操作で開いたScripts Folderにコピーまたは移動します。

AppStoreHelper9

これでAppStoreHelperがMarsEdit上で使える準備が整いました。

 

PGHのアフィリエイトトークンを設定

PGHについては、すでにアフィリエイトプログラムへの参加はすませてあります。まだの方はこちらもご参照ください。

【ブログ運営】PHGのiTunesアプリのアフィリエイトプログラムに申請してみました

MarsEditの編集画面で、スクリプトメニューをプルダウンするとAppStoreHelperが出ているのでこれをクリック。

AppStoreHelper10
するとアプリの検索ができる画面が表示されます。
AppStoreHelperEyecatch
この時にメニューバーはAppStoreHelperのメニューになっていますので、「AppStoreHelper」をプルダウンして初期設定をクリック。
AppStoreHelper5
するとこちらの画面が表示されますので、このアフィリエイトIDのところにPGHのアフィリエイトトークンの文字を入れて保存します。
AppStoreHelper6
これでリンクにアフィリエイトが挿入される準備も整いました。

実際に使ってみる

では実際にリンクを作ってみる手順です。

先ほどの検索画面を表示させ、まずはiPhone、iPad、Macのどのアプリを検索するのかを選択。

次に検索窓でアプリ名を入れてリターンを押します。

AppStoreHelper4

 

結果が表示されますので、自分が作りたいリンクのアプリを選択。

下にあるタグ挿入ボタンを押して、さらに閉じるを押すと、MarsEdit編集画面のカーソル位置にリンクが表示されます。

AppStoreHelper7

 

MarsEditの画面ではこのようになります。

AppStoreHelper8

 

 

Tomo’s Comment

まだ少ししか使っていませんが、とても便利だと実感しています。

MarsEditで記事を書きながらすぐにアプリのリンクを作れるのがいいところです。

表示のさせ方については、書式1〜4まであったり、フローティングウィンドウというのもあったりするので、今後もう少しあれこれといじってみたいところはあります。

しかしデフォルトのままでも何も支障はありません。

便利なツールを作っていただいたmoyashi (@hitoriblog)さんに感謝して使いたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です