【旅食】一番高いところでお酒を飲んだのはどこ?

2003 0412 061714AA

ラズウェル細木さんの「酒のほそみち」34巻を読んでいたら、こんな記載があったのでちょっと考えてみました。

自分史的に、酒を飲んだ一番高いところはどこだろう?やっぱり、飛行機の中かな。(中略)地上で一番高いところはどこか?2000メートル級の登山はしたことがあるが、さすがに山頂でアルコールを摂取せなんだ。

高地への旅行の記憶

これまで行ったところで最も高いところはどこか考えてみました。二カ所思いつきます。

一カ所目は1996年に訪問したブータンです。

ヒマラヤ山脈に位置するブータンは、飛行場のあるパロ、首都のティンプー共に高地にあります。改めて調べてみると、パロが2200メートル、ティンプーは2320メートルだそうです。

もうかなり昔なので記憶が曖昧ですが、ティンプーでお酒を飲んだのかちょっと定かではありません。マツタケを食べさせてもらったときにビールを飲んだような記憶があるのですが。(ブータンはマツタケがたくさん採れるそうです。)

もう一カ所、高地への旅行と言えばボリビアです。2003年に訪問しました。

2003 0411 154808AA

首都のラパスは標高約3700メートル。空港のあるエル・アルトは約4000メートル。

着いた初日はやはり息苦しくて、夜はあまり眠れませんでした。

で、お酒を飲んだのか思いだしてみたのですが、確かに飲んでいました。

南米らしく肉をたくさん食べるのですが、お世話になった通訳さんが、お肉を食べるときには消化の助けになるからビールやワインをたくさん飲んだ方がよいとアドバイスしてくれました。そして美味しい赤ワインを飲みながら牛肉のバーベキューをたらふく食べた記憶があります。

さらにフォルクローレを聴かせてくれる酒場でたらふくビールを飲んでから、最後に踊りの輪に入って踊ったのも覚えています。高地で、飲酒して、激しく踊ったので、かなりきつかった思い出があります。

Tomo’s Comment 

ということで、飛行機の中をのぞけば、地上でもっとも高い場所でお酒を飲んだのはボリビアのラパスということになりそうです。

富士山の山頂で飲んでもこれには届かないので、ヒマラヤにでも行って飲まない限りこの記録は破れそうにありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です