【ブログ運営】MarsEditで「Upload File Error」が出たときの対応(の一つ)

スクリーンショット 2014 06 06 20 39 58

以前、503エラーが出て困ったという話を書きました。

今回はその続きというか、こうしたら大丈夫だったという一つの事例です。

 

現象

前回と同様、MarsEditで多くの写真を添付した記事をアップロードすると、上記のようなエラーが出てしまい、「Send to Blog Failed」というメッセージも表示されてしまいました。

前回はいろいろなプラグインを無効にしたりして対応したわけですが、今回、あることに気がつきました。

アップロードエラーが出ているのですが、ダッシュボードのメディアからライブラリーを見てみると、アップロードファイルエラーとなっているにもかかわらず、いくつかの画像ファイルはきちんとアップロードされていたのです。

エラーメッセージには、「If this problem persists, try deleting the attachment from the Upload list, and from your post content. Then, insert the attachment again before sending to your blog」(この問題が続くようなら添付のファイルを消して再度添付しなさい、という意味。ざくっとですが)とありますが、この指示通りやったところ、いくつかのファイル(最初にアップロードされていたファイル)はライブラリーで重複したファイルになってしまいました。

 

対応

上記のことから考えた結果、これはMarsEditやWordPress(とそのプラグイン)の問題ではなく、ネットの接続の問題なのではないかと思い至りました。

当方は現在ネットのあまり安定していないガーナからブログを更新しています。そして、画像ファイルのアップロードは途中まではできている。つまり、途中でネットの問題でアップロードできなくなったのでは、ということです。

今回はUpload File Errorが出るたびに、しつこく「Send to Blog」(投稿画面の左上にある)ボタンを押し続けてみました。

すると、最終的に「Send to Blog Succeeded」というメッセージが表示され、無事、記事も表示されるようになりました。

 

Tomo’s Comment 

これはあくまでネット環境のあまりよくない場合にこのエラーが起こりえる、という事例なので、日本でネット環境がよい場合には必ずしも当てはまらないかもしれません。

ネットは問題ないという環境であれば、前回書いたような対策(プラグインのオンオフとか)をしてみた方がよいのかも。

ライブラリーに当該記事の添付ファイルが少しでもアップロードされているようであれば、しつこく再投稿をしてみるというのも一つの選択しかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です