【旅食】ジェイミー・オリヴァーさんのステーキサンドを食べていたことを思いだしたこと

Menu 4

クリックでBarbecoaのサイトへジャンプ!

今年ロンドンに行ったときに英国の人気シェフ、ジェイミー・オリヴァーさんの経営するレストラン、Jamie’s Italianに行ってきたことを紹介しました。

こちらのレストラン、素材が良いのでとても美味しい割に値段はリーズナブルで大満足でした。しかし、こちらの記事で、ジェイミー・オリヴァーさんのファンなのに、彼の料理を食べたことがないと書いていたのですが、過去の写真を見ていたら、実はすでに一度食べたことがあったことが分かりました。

 

コヴェントガーデンでのFood Network On Fire Festival

あれはちょうど2年前の2012年8月のことです。

ガーナから日本に一時帰国をするためにロンドンに立ち寄りました。休暇だったこともあり、2泊ほどしてかつて住んでいたロンドンを満喫していたときのこと。

奇しくも冒頭に書いたJamie’s Italianの視点があったCovent Gardenの広場で行われていたのがFood Network On Fire Festivalでした。

このFestivalは料理番組を主体に放送しているFood Network主催の食の祭典でした。このフェスティバルが行われていることは知らずにコヴェントガーデンに足を踏み入れたところあちらこちらからバーベキューの煙にのって良い香りがただよってきました。

テーマはバーベキューなど直火での調理のようです。

ちょうどお昼ご飯を食べようと思っていたところだったので、たくさんのお店の中からおいしそうな店を探しました。

 

ジェイミーのレストランBarbecoaが出店

そしてピンと来たのがこちらのお店。

DSCN2138

 

いかにも美味しそうな煙と香り。迷うことなくステーキサンドを購入。

調理しているシェフ達の来ているエプロンに見覚えがあったのですが、どこで見たことがあったのか気がつかず。

立ち食いでしたが、こちらのステーキサンドをおいしくいただきました。

DSCN2139

肉と野菜(ルッコラだったかな?)にちょっと固めのパンとシンプルなサンドイッチでしたが、肉の焼き具合とかかっていたソースが固めのパンともまっちして、食べ応えのある一品でした。こういうのはあまり柔らかすぎるのも寂しい味わいになってしまうので、固めの食感の方が良いと常々おもっています。

 

食べ終わって、改めて店を見たところ、忙しそうに動き回っているスタッフのシャツにJamie Olverの文字があったのです。

あとで調べてみると、今回ステーキサンドを購入した屋台はロンドンのBarbecoaというレストランでした。

このレストランは、バーベキューを主体としたメニューが売りのようで、メニューを見ても美味しそうな肉料理が並んでいて私好み。

今回のロンドン訪問では食べる機会がありませんでしたが、今回改めてメニューを見てみるとどれも美味しそう。値段はかなり高めですが、Jamie’s Italianでの体験から、値段相応またはそれ以上の味が期待できそうです。

 

Tomo’s Comment 

もちろんジェイミー自らが作った料理ではないのですが、人生で二回、彼が手がけたメニューを食べたことがあったことが分かりました。

次にロンドンに行った際にはBarbecoaにも行ってみたいと思っています。

あ、サイトを良くみていたら、肉のカットの教室もあるのですね。こちらもちょっと高めの値段ですが、一度くらいやってみてもいいかも。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です