【ガーナ】イースタン州のアコソンボの近くの新しいホテルThe Royal Senchiのランチビュッフェのレベルが高かった

P1100956

 

アコソンボダムの見学に行った帰りに、ダム下流のボルタ川沿いにできた新しいホテル、The Royal Senchi Hotelに立ち寄りました。

ランチのビュッフェを試してみたのですが、そのレベルが高かったのが印象に残りましたので紹介したいと思います。

 

The Royal Senchi Resort Hotel

こちらのホテルは2011年にできたばかり。イースタン州で最初の4つ星ホテルとのことですが、ガーナにホテルを星で格付けする制度があったことをそもそも知りませんでした。

こちらがホテルのウェブサイト。

新しいホテルがあるとガーナガイドの冊子を見て知っていたのですが、思っていたよりも大きなホテルでびっくりしました。

P1100935

こちらの入り口からレセプションを通ってプールがある中庭状のスペースへ。

P1100958

 

レストランでランチビュッフェ

レストランは屋内席と屋外席があります。この日はあまり暑くなく風も気持ちよかったので屋外席に座ることにしました。

近くには噴水が。

P1100955

 

ビュッフェとアラカルトとどちらにするか迷いましたが、ビュッフェの内容を見るとかなりお得そうだったのでビュッフェにすることに。

 

まずは前菜のサラダなどを取ってきます。

こちらが前菜、寿司、デザートコーナー。

IMG 5419

こことは別にレタスやハーブ、トッピングのナッツ類やドレッシングが用意されたサラダコーナーもありました。

まずはサラダとシュリンプカクテル。コールドビーフローストとトマトとモッツァレラなどもつけてみました。

P1100942

野菜はレタス、トマト、ハーブとも新鮮なものばかり。トッピングもクルミ、胡麻、ひまわりの種など豊富でした。奧に見える小さなグラスに入っているのがシュリンプカクテルですが、トッピングの海老以外にも海老がタップリ入って幸せな気分になれます。

 

寿司コーナーはカリフォルニアロール的な寿司がメイン。いくつか試してみることに。

P1100941

巻いてあるのはキュウリ、サーモン、レタス、マンゴーなど。巻き方も海苔、ライスペーパー、裏巻きになぜかラップっぽいものも。この手の寿司としてはかなり美味しい部類に入ると思います。

 

次に少しメイン系のものを。

メインとなる肉や野菜はこのように供されています。蓋付きで暖かくキープされていたり、魚や肉は鉄板で焼かれています。

IMG 5426

 

まずはチキンと魚。

P1100946

付けあわせでカリフラワーとジャガイモ、オニオンリングをもらいました。

魚はフエダイだそうです。しっかりした食感ですがきめが細かいし、クリームベースのソースもマッチしています。チキンはいくつかのソースからお薦めだったフレッシュトマトの辛いソースで。

 

そしてローストビーフの塊もあって、こちらはその場で切り分けてくれます。美味しそうだったので、魚、チキンを食べ終わった後、ローストビーフだけで一皿もらってきました。

P1100947

こちらのローストビーフ、これまでガーナで食べたどのビーフよりも柔らかくて味も良かったです。付け合わせにはヨークシャープディングも用意されている懲りよう。ソースはペッパーソースでこちらもかなり美味しかったです。本場英国ではグレービーソースですが、こちらのペッパーソースの方が胡椒がぴりっとして私好みです。

 

そしてダイエット中にもかかわらずデザートまでいただいてしまいました。

P1100952

 

Tomo’s Comment 

ビュッフェのお値段は70セディ。ガーナの食事の価格としては高く感じますが、この内容で日本円で2500円弱というのはお得だと感じました。

アクラ市内の某高級ホテルのランチビュッフェも同じくらいの価格設定ですが、こちらのホテルのビュッフェの方が雰囲気、料理の味ともに満足感が高かったです。

アクラからは車で2時間弱かかりますが、アコソンボダムの見学とここでのランチを組み合わせるととても良い近郊一日観光コースになると思います。

 

ところで、ホテルの宿泊の方ですが、一番安い部屋で一泊240ドル。一番高いスイートはなんと3000ドルとのことでした。部屋を見てないので何とも言えませんが、3000ドルというのは破格ですね。あのアマングループのホテルでもへたしたら2、3泊できてしまうくらいのお値段。

次に行くことがあれば、部屋もちょっと見学させてもらおうかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です