【旅食】プノンペンでカンボジア料理を楽しみました。素敵な造りのレストランKhmer Surin。

khmer surin

カンボジアに行ってきました。

今回の訪問が2回目となります。最初に訪問したのは2004年ですので、10年ぶりの訪問。かつての印象ではプノンペンは都会という印象はなかったのですが、今回は到着してびっくり。高層ビルも多くなってすっかり大都市になっていました。

DSCN0001

そんなプノンペンで美味しいカンボジア料理をいただきましたので紹介したいと思います。

 

カンボジア料理とは

カンボジアには一度しか行ったことがないからなのか、いまいちカンボジア料理の特徴というものが分かっていませんでした。これぞカンボジア料理という定番料理も思い浮かびません。(しいていえば、昔よく行っていた代々木のカンボジアレストラン、アンコールワットで食べたクイティウという麺料理やカボチャのプリンあたりかな。)

Wikiで調べてみました。

特徴としては、「多くの料理にプラホック(ប្រហុក)という発酵した魚のペーストを調味料として用いることで知られている。」のだそうです。魚醤っぽい風味なのでしょうか。

 

 

クメールスリン

カンボジア料理が食べたいということで、連れて行っていただいたのがクメールスリンというレストラン。

Khmer Surin

 

こちらがお店のウェブサイトになっています。(あまり充実してないのが残念ですが)

かなり有名なレストランなようで、外国人客も多く来ていました。Trip Advisorでも好評価です。

 

すごく雰囲気のある内装で、そんなところも外国人客に人気なのかもしれません。

Khmer Surin

 

屋内にも席があるのですが、お薦めはテラス席。

Khmer Surin

椅子ではなく床に座るというのも雰囲気があっていいですね。

テラスなので庭を見ながらくつろげます。

DSCN0045

 

この日食べた料理

まずは以下をフライにしたもの。

DSCN0032

イカフライなのですが、タレがカンボジア風。

 

こちらがバナナの花のサラダ。

DSCN0034

以前ベトナムでも食べたことがありますが、微妙に味が違っています。

 

そしてこちらがカエルのフライ。

カエルの揚げ物

カエルといってもまるごとではなく足の部分のみです。鶏肉っぽい味ですが、より淡泊な味わいでした。

 

こちらは鳥の炒め物。

DSCN0037

 

スープもいただきました。

DSCN0038

トマトが入っていたのが印象的。

 

そしてこちらがカンボジア料理の定番と教えていただいた一品。アモックというそうです。

アモック

ココナツ風味の効いた茶わん蒸しといった感じのお料理でした。

そしてデザートは二品。まずはフルーツ。

Khmer Surin

そしてココナツミルクのデザートも。

Khmer Surin

 

Tomo’s Comment 

カンボジア料理、堪能できました。

カンボジアっぽい雰囲気でカンボジア料理を食べたいときにはここがまさにぴったりです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です