【ブログ運営】ブログ+マラソン=ブロガソン。時間を決めてブログ書き続けるってなかなか面白い体験。

ロンドンマラソン

プロブロガーであるイケダハヤトさんのブログ塾に入ってみたことは先日言及しました。

所謂サロン形式での運営ですが、メリットはイケダハヤトさんから自分のブログへのフィードバックをいただける、質問に答えていただける、そして同じような考えを持ったブログ仲間と出会えるといったところでしょうか。

そんなイケハヤブログ塾のイベントの一つとして、ブロガソンが行われました。

 

ブロガソンって?

ブロガソンというのはブログとマラソンをあわせた言葉で、一定の時間を設けてその中で延々とブログを書き続けてみようという企画です。

決められた時間内で書いていくため、ネタをきちんと用意できているかということに加えて、一記事を何分で書けるのかということも重要です。

普段ブログを書くときにはあまり一記事あたりにかける時間のことは気になっていませんでした。だからサクサク書けるというよりは、書けるときに書きたいように書くというスタイルになっていたということ。

普通に書いているとだらだらと書いてしまい、執筆時間を気にすることはありません。やはり一記事に書ける時間は少なければ少ないほど良い(同じ質を保つ前提)と思いますので、ある程度の訓練が必要だと思います。

 

そんなこともあり、私も昨日のブロガソンに参加してみることにしました。(すでに数回行われていますので今回は第3回目)

 

アップした記事

本来は新しい記事をひたすら書き続けるのが正しいのだと思うのですが、私のブログの運営方針は旧ブログからの記事の以降と新記事執筆を同時に行おうというもの。

この方針に従い、朝からリライトして移行する記事を選定するとともに、新しい記事もいくつか書くことを考えていました。

今回新たに作成した記事はこの二つとなります。

最初はホームズネタ。

もう一つの記事がこちら。

ホームズについては先日レビューした本だけではちょっと足りないと思ったのでAmazonに注文したのが届いてから読んでいたためです。

もう一つ、温泉に入るサルについてはゴールデンウィークのことを記録しておきたくて書きました。

他の2記事は過去の記事をリライトしたものとなっています。

 

当ブログの過去ブログからの記事の移行

こちらの記事でも書きましたが、当ブログでは旧ブログからは記事を積極的に移行することを考えています。

つぶやき的なあまり情報的に価値のないものを除いて、今日でも何らかの意味があると思われる物は少し加筆・修正(リマスター)した上でこちらのブログに移すことにしています。

 

ということで、新記事2にリライト2というのはまさに理想的な分配と言えなくはないです。

 

ブロガソンをやってみて感じた事

まずは自分の時間の使い方と一記事あたりに必要な時間という物が意識できるようになりました。

イケダハヤトさんは朝7時開始から着々と書き続けておられて、さすがと思いました。

私もブログだけに集中できればもう少し書けたかもしれませんが、朝ご飯と昼ご飯の支度が入ってしまったため100%は力を注げませんでした。

そんな中で感じたのは同じ文書量だとしてもすぐに書ける記事があるのと時間がかかるものがあること。

時間がかかるのは要すれば自分の頭の中に主張できるほどの蓄積がないということなのかも。いちいち調べながら書いてもどかしかったです。

 

目標として毎日書くのであれば、30分を目処に一記事を書きたいところ。

 

今回、時間制限ありという中で書いてみた体験から言えば、私が一記事にかかる時間は60分に近くなっているということです。

 

書く内容についても、写真を使ってレポ的に書くのは簡単ですが、そこにどれだけ役に立つ情報を入れられて、それをタイトルで伝えられるかと言うことについては技術がまだまだ必要と言うことがわかりました。

 

Tomo’s Comment 

プロブロガーで食べているイケダハヤトさんははやり記事あたりにかける時間が短く、それでいて読ませる文章となっているということが、改めて認識できたのは良い経験だったと思います。

私の課題としては、得意な分野の記事をもっと書くこと(そうすればより短い時間で書ける)、そしてそうでない記事についてももっと短く書けるようになる必要があるという二つの点でした。

 

こうした実際に何かやってみて感じることができるのもオンラインサロンに入ってみた価値なのかと思っています。入って良かったと思います。

 

次回はオリジナル記事を1時間に一つかけるようになっていたいと心に誓いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です