【家電】ダイソンの羽のない扇風機を購入してみた。AM07 タワーファンの静かでパワフルな風に満足。

AM07 タワーファン

 

梅雨もあけて、いよいよ暑い夏がやってきました。

子供の頃は30度を超えると暑くてプールに行っていましたが、いまや40度近くにもなってしまう日本の夏。過ごしにくさでいうと、東南アジアにも匹敵する物があると思います。

蒸し暑い夜は、窓を開けて寝ても寝苦しくてぐっすり眠れません。かといって冷房を使うと体調が悪くなってしまいます。

そんな夏を乗り切るために導入してみたのが扇風機です。

ただの扇風機ではなく、羽のないダイソンの扇風機。

以前から気になっていましたが、今回思い切って購入してみることにしました。

 

ダイソンの羽のない扇風機

発売当初、話題となったダイソンの羽のない扇風機。

構造としては、土台に組み込まれたファンで風邪を発生させて上部の円形または楕円形の装置から送風するというものです。

普通の扇風機と比べて、強い風を送るときの騒音がだいぶ低減されていることが特徴です。

 

今回購入してみたのがこちらのモデル。

かなり大きめのモデルですが、風の強さと音の静かさで選んでみました。

内容としてはシンプルに扇風機とリモコンが同梱されているのみ。リモコンはこぶりですが、電源のオンオフ、風量調整、タイマーの設定、首振りの有無を操作することができます。

 

購入してみての感想

まずは扇風機よりも風の強さが一定しているのが驚き。そして風量を強くしたときでも発生音はそれほど大きくならないので、寝ているときも気にならないレベル。(ここは人によるとは思いますが・・・)

そしてリモコンも小さくはあるのですが、ボタンの配置、反応など操作性も良いです。

 

一方で、いくつか気になった点もありました。

一つは風向きについて、首振りで左右には動かせますが、上下の調節ができません。

床に布団を敷いて寝る場合、この扇風機は土台の高さまではは風が来ないため、涼しくありません。モデルによっては送風を上下に調節することができるのですが、このモデルはできません。

せっかく買ったのに風が当たらないで寝るのは残念なので、土台の下に本などを置いて、本体を下に傾くように設定して寝ています。でも、これだと安定性がないので倒れないか少し心配。

もう一つは、リモコンなしでは操作できないところ。本体だけでスイッチを入れたり風量を調節したりができなくて、リモコンが見当たらないときは若干不便に感じます。

 

Tomo’s Comment 

若干、不便を感じる点もありますが、いずれベッドを買ったら風当たりのことも気にならなくなるでしょうし、普段の生活で床や椅子に座っている際にはまったく問題ないレベルです。

縦に長いので、風が当たる範囲もその分広くなっているので、むしろ立ったり座ったりしているときは普通の丸型の扇風機よりは心地よいですね。

 

うちには空気清浄機があるので扇風機機能だけのものを購入しましたが、空気清浄機が無い場合はこの機能も備えた機種も選択肢としては良いかと思います。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です