【旅食】白川郷で飛騨牛をいただく!橋を渡ってすぐの今昔で昼食がオススメ。

今昔

 

日本各地においしい和牛が飼育されていますが、飛騨牛もそんな一つ。

 

今回の北陸旅行では飛騨高山は行かなかったのですが、せっかく白川郷まで来たので飛騨牛も試してみたいと思っていました。

 

 

白川郷の今昔で昼食

白川郷の中には食事が楽しめるところがそれほど多くはない様子でした。

ちょうど昼時に着いたので昼食を食べるところを探していたのですが、休みだったりで結局あまり選択肢はありませんでした。

こちら、今昔は駐車場から橋を渡って白川郷に入ってすぐの所にあるので、もう少し探してから決めようと通り過ぎたのですが、店構えはちょっと気になっていました。

今昔

 

結局、他と比べてもかなりよさげだったので、入り口付近まで来て食べることに。結構並んでいましたが20分ほどで座ることができました。

 

今昔の情報

いつものとおり、トリップアドバイザーでの紹介は次のような感じ。

場所はこちらになります。

 

店内はカウンター席と4人掛けの席がいくつかとそれほど大きなお店ではありません。

カウンターの席から見えるところに厨房があるのですが、ちらっとみたところ家庭的な感じの厨房というか台所で、落ち着いた感じになれます。

 

飛騨牛をオーダー

冒頭にも書いたとおり、飛騨牛食べたいモードだったこともあって、飛騨牛メニューをチョイス。

飛騨牛朴葉味噌焼きの定食を頼みました。

まつことしばし。

やってきたのはこんな定食でした。

飛騨牛朴歯味噌焼き定食

 

 煮物や山菜もついていい感じです。

 

飛騨牛は生の状態のまま、陶器の飛騨コンロと呼ばれる卓上調理器の上に味噌がしかれた朴葉の上にのった状態で出てきました。

やけるまでしばらく山菜などつまみつつ待ちます。

 

味噌と牛肉の相性は非常に良いといつも思ってたのですが、目の前で焼かれていく飛騨牛と味噌の香りがあわさりその相性の良さを再認識します。

飛騨牛朴葉味噌焼き

 

お味の方ですが、味噌の甘味と脂がそれほどしつこく感じない飛騨牛とがあいまって、牛肉の美味しさを堪能できました。

サシが入った牛肉はあまり好みではないので、赤身が楽しめて満足です。

 

Tomo’s Comment 

ということで、白川郷でちょっとした昼食を楽しみたいときにはこの今昔がお薦めです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です