【ガジェット】電子書籍が増えすぎたので専用機を導入。Kindle Paperwhiteを使い始めてみた。

Kindle Paperwhite

 

これまでiPadのKindleを愛用してきたのですが、このたび電子書籍リーダーであるkindle paperwhiteを購入してしまいました。

 

愛用してきた電子書籍サービスの変遷

本が大好きな私ですが、いつのころからか紙の本よりも電子書籍を購入する方が多くなってきました。

振り返って見ると、電子書籍が出始めてしばらく2010年頃は品揃えが悪すぎたので、主に紙で買って自炊をしたりしていました。

2011年頃になって、だんだん新刊なども電子書籍化されるようになってきたのですが、最初に使っていたリーダーは紀伊國屋書店のKinoppy。

なぜなら当時ガーナに住んでいたため、Kindleが使えなかったと言うことがあります。当時は海外からは日本のAmazonのサイトからKindle書籍の購入が制限されていたのです。そして対抗馬だと思っていたiBookも品揃えが悪かったので、Kinoppyにしてしまいました。

その後、iBookが充実してきてKinoppyで新刊を待つのがつらくなってきたためiBookに乗り換え。

そしてどのタイミングからか、海外からKindleでも買い物ができるようになったため、シリーズものなどでiBookでまとめておきたいもの以外は基本Kindleで購入するようになってきました。

Kindleといっても未だに愛用しているiPad2用のアプリのKindleを主に使っていました。

 

kindle paperwhiteを購入した理由

今回Kindleの専用機を購入した理由はいくつかあります。

一つはiPad2の動きがもっさりしてきてしまっていること。Kindleを起動しても時間がかかるし、ページ目繰りもなかなか反応しないことが多くなってストレスを感じてきました、

もう一つは、もしかしたら上の現象の原因になっているのかもしれませんが、容量の限界に近づいてきてしまったことです。

本を購入しすぎたためか、ストレージ不足のメッセージが多発してきました。

その度に大容量のアプリを消したり、動画や写真を消してきたのですが、だんだん追いつかなくなってきました。

この際なので、iPad2の容量をあけてもう少しサクサク動くようにしたいことから、Kindle専用機を購入することにしました。

そしてさらに言うと、iPad2の大きさは家で使うにはいいのですが、持ち歩くにはやや大きくて重いという気がしていました。iPad miniを買うという選択肢もあったのですが、タブレットが二つあっても使い分けできなそうと思っていたのでやめました。

 

paperwhiteを選んだ理由

Amazonで売っているKindleやタブレットにもいろいろと種類があります。

まず大きく分けると読書専用のKindleとタブレットとしても使えるFire。

 

しかし、上でも書いたようにタブレット二つを使い分けないと思ったので当初のとおり読書専用のKindleにすることにしました。

 

Kindleにも3種類があります。

まず一番シンプルなモデルのKindle。内蔵ライトがつかず、解像度も167ppiと低めです。

その代わり価格は安く、Prime会員なら5000円弱で買えてしまいます。

 

Kindle Paperwhiteはバックライト付き(ただし調節はできない)、解像度が300ppiとなります。

 

そしてKindle yoyage。こちらは調節できるバックライトがあったり大きさや重さが若干paperwhiteより小さくなっています。

 

メモリ容量についての記載はなく、いずれも最大数千冊とよくわかりません。Amazonコンテンツはクラウドに無料・容量無制限に保存可能ということのようですが、ダウンロードしないでクラウドで読むと言うことなのでしょうか。

ということで容量で選ぶのは難しかったので、まずは解像度から普通のKindleは除外し、残ったpaperwhiteとvoyageから決める事に。

 

最終的にはプライム会員価格がなくて高いvoyageはやめてpaperwhiteに決める事にしました。

 

kindle paperwhiteの使い勝手

朝オーダーしたらその日のうちに届けられてびっくり。

さっそく開墾して使い始めてみました。

まず感じた事は、白黒なんだってこと。分かってはいたのですが、iPad2でカラーになれていたので若干の違和感を感じてしまいました。

そして次に感じたのがディスプレーの見やすさ。バックライトと言っても、iPadのような後ろからの光ではないのかあまり目に刺さるという感じではなく、暗いところで読んでいても読みやすく感じます。

そのディスプレーのちょっとざらざらした感じも、個人的にはとてもよく感じました。画面の上を手を滑らせると心地よく感じます。iPadはつるつるしているのでたまにひっかかったりする感じがありました。

 

一方で使いにくいかもと思ったのが画面をタッチして操作したときの反応の悪さ。いろいろな動作が若干もっさりして感じてしまいます。iPadに比べるからかもしれません。

特にフレーズをハイライトしたいときに、ハイライトする箇所を選ぶところでややタイミングがずれてメニューが表示されます。慣れれば一呼吸置けば良いのですが、やや遅く感じてしまいました。

 

Tomo’s Comment 

iPad miniを購入しようか迷っていましたが、kindle paperwhiteの導入でその迷いも断ち切れました。

電車の中でも片手で操作できるし(右めくりの本だとその限りではないのですが)、軽量コンパクトなので鞄に入れても気にならないし、良い買い物だったと思います。

iPad2はかなり動きがもっさりしていますが、これを機にKindleを削除するとかなりメモリも空くし、少ししゃきっとしてくれると助かります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です