【旅食】ハノイの麺料理はフォーだけじゃない!つけ麺で食べるブンをHun Thaiで堪能

ブン

ハノイと言えば、というかベトナムと言えばフォーというぐらい日本でも認知度の高いフォーですが、ベトナムの麺料理はフォーだけではありません。

今回紹介するブンはフォーと違って平麺ではありませんし、食べ方もちょっと違います。

ハノイではフォーと同じくらい食べる機会が多いブンをまたまた美味しい店で食べましたのでレポートしたいと思います。

 

ブンとフォーの違い

フォーもブンも米から作られるのは同じです。

米粉を布の上に薄くのばして蒸してから切るのがフォー。従って平麺です。

ブンはところてんのように小さな穴の空いた容器から押し出して茹でて作ります。なので断面は丸くなります。

さらに米粉を水に漬けておく時間も違うようで、ブンは水に漬ける時間が長いので多少の発酵がある点がフォートは違います。

食べ方もフォーはこれまで紹介したように温かいスープに入って提供されますが、ブンはブンチャーのようにスープが別でつけ麺のように食されます。

 

ハノイで食べたブン

ハノイではブンチャーで有名なダッキムというお店があり、以前何度か紹介したことがあります。

今回はダッキムに行く機会はありませんが、別の美味しいお店でブンチャーを食べる機会がありました。

 

それがこちらのHung Thaiというお店。

Dac San

 

ちょっと奥まった場所にありますが、味は良いらしく現地の人にも好評なようです。

 

 こちらも注文をするまでもなくブンチャーのセットが登場します。

 

ブンチャーですが、ただつけ麺で食べるのではなく、つくね状の肉団子や豚肉の焼いたもの、春巻き、ハーブ類などと出てくるのが常道。

今回もまずは春巻きからやってきました。

IMG 5868

 

そしてブンとハーブ。

ブンとハーブ

 

そしてつけ汁にお肉が入ったものが出てセットが完成。

ブンチャー

 

スープの中にはお肉がたっぷり。

ブンのつけ汁

 

ブンをこのスープに浸しながら、お肉やハーブと一緒にいただいていきます。

ブンは米粉の麺なのでするすると食べられてしまうのですが、お肉類は結構がっつり。肉がないと腹持ちはあまりよくないのですが、これだけの肉があればかなりお腹いっぱいになります。

つけ汁はほどよいしょっぱさに少々甘めの味付けです。おかげでするすると食べ進められてしまうのです。

ブン、軽くていいなーといつも思うのですが、食べ終わるといつもお腹いっぱいで満足になります。

 

Tomo’s Comment 

ハノイでブンチャーというと、ついダッキムに行ってしまうのですが、他の店で食べても十分美味しいことが分かりました。

こちらのHung Thai、なかなか近くに行くことは少ないと思いますが、わざわざ行っても十分満足のできるお店だと思います。

なかなか活気があるのもよい感じです。

Hung Thai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です