【料理教室】ベトナム世界遺産の街ホイアンでベトナム料理を習う。モーニンググローリーの料理教室は設備も整っていておすすめです。

生春巻き

いろんな国に行ってその国の料理を食べるのも好きですが、機会があれば料理を習うのも楽しいものです。

ベトナムには、ハノイ、ホーチミン、ホイアンと3カ所に旅行したことがありますが、そのいずれでも料理を習ってきました。

今回は2011年9月に参加したホイアンでの料理教室の模様を紹介したいと思います。

 

ホイアンのモーニンググローリー

世界中で料理教室に参加していますが、ベトナムでは計3回参加しました。そのうち2回は大都市のハノイとホーチミン。

今回紹介するのはベトナム中部の観光地、ホイアンでの料理教室となります。

 

ホイアンへはハノイなどから飛行機でダナンへ、ダナンから陸路で向かうのが一般的。ダナンもベトナムで有名なリゾート地ですので、ダナンとセットで旅行する人も多いかと思います。 

 

教えてくれるのはホイアンのレストラン・モーニンググローリー。

料理教室の予約はこちらからとなります。

 

 

レストランの店構えはこのような感じ。ホイアンらしく趣があります。 
morning glory
 クッキングクラスは午前と午後とがあるようです。今回参加した午前コースは、レストランに集合したら、まずは市場の見学に連れて行ってくれます。

こちらから予約が可能です。

 

まずは市場を見学

市場はホイアン市街のほぼ中央にあるのですが、中はなかなか広くてこんな市場が近所にあったら楽しそう。

市場は大きな建物があるのですが、外側にもお店がたくさん出ていました。

こちらは果物が並べられています。熱帯地方にはよく行くのでフルーツもよく知っているつもりですが、中には見たことも食べたこともないものがありました。

ホイアン市場

レストランのスタッフがついてくれるので野菜や果物の名前や味、どんな料理に使うのか説明してくれます。
 
こちらは根菜が中心ですね。

ホイアン市場

 

ウコンを売っていたのですが、初めて実物を見ました。一見すると生姜のようです。

ホイアン市場

レストランスタッフの方が丁寧に説明してくれます。

 

こちらは野菜がたくさん。

ホイアン市場  

もちろんお肉も売っています。

DSCN0281

  
そして魚も売っています。まさに何でも食材が手に入る感じ。

ホイアン市場

 

川魚もですが、海も近いので海の魚も売っています。この日はカツオを見かけました。

ホイアン市場

 

写真は載せませんが、首を切られたカエルが跳ね回っていたりとなかなかスリリングなシーンもありました。

一通りの食材を見学すると、レストランに戻って料理教室が始まります。

 

モーニンググローリーで料理教室

市場をざっと見てレストランに帰ってくると、早速料理教室が始まります。

レストランになっている一階から二階に場所を移すと、かなりきっちりとした料理教室がありました。 

モーニンググローリー料理教室

先生の手元がよく見えるように鏡もついています。

そして各生徒の前にも自分で料理するスペースと食材、調理道具がありました。
モーニンググローリー料理教室

 

美味しい料理を食べるとレシピを調べたり食材を買ってみたりと自分で作ってみるのですが、レシピと味の記憶だけよりも実際に習ってみた方が再現度は高くなります。その意味でもできるだけ自分で実習できる料理教室がいいと思っています。

 

まず一品目はエビのミンチの入ったロールキャベツ風のスープ。

先生が丁寧に解説しながら作ってくれます。席も前の方だったので手元もよく見えました。

そして実習へ。

こちらが私の作品。 
ベトナムロールキャベツ

なかなか上手にできました。
 

二品目は定番の生春巻き。

生春巻き

こちらもなかなか美味しくできて大満足。

 

そしてこちらも定番のバインセオなのですが、こちらで習ったバインセオはよく知られているものとちょっと違っていました。

まずはこちらが材料。

バインセオ

ベトナム風お好み焼きなどと言われることもありますが、卵は一切使っていません。

お椀に入っている黄色い色はウコンの色で、ウコンを米粉を水で溶いたものに加えてあります。

これがベースでフライパンで焼いていきます。 

バインセオ

 

ちょっと大きめに焼いた生地の中に野菜などを入れて半分に折り曲げるというのがこれまでのバインセオのイメージでしたが、こちらでは小さめに焼いたものを、ライスペーパーにのせて、くるくると巻いていきます。

バインセオ

ライスペーパーも日本で売っているものよりも薄いからか、バインセオをのせるとすぐに柔らかくなって、割れずにきれいに巻けました。

 

食べてみると、中はこんな感じになっています。 
バインセオ

コツはバインセオをぱりぱりになるまでしっかりと焼くこと。これも初めて知りました。
 

そして次は鶏肉をマリネにしたものを串に刺してバーベキューに。タレがベトナムっぽい具材が使われていました。

こちらがタレの材料。

タレの材料

 

串に刺すところまでやって、あとはスタッフの方が焼いてくれました。

 

焼いてくれいる間にマンゴーのサラダを作ります。

材料はこんな感じ。

マンゴーサラダ材料

 

できあがりがこちら。チキンの串焼きと一緒に。

パパイヤサラダと鶏肉串焼き

 

これで全料理が終了となります。

 

Tomo’s Comment 

短い時間でしたが、市場見学、料理も先生の見本を見て自分で作るという流れで5品も作れてとても満足のいくもの。特にバインセオはちょっと感動する美味しさでした。

そうそう、こちらのMorning Gloryのシェフはこんな本も書いています。

ベトナム料理界でも有名なんですね。

本の出版に合わせてこんな映像も。今回教えてもらった料理の調理風景も見られます。

 

ホイアンでは他にも料理教室をやっているレストランがいくつかあるようです。

またホイアンに来る機会があれば、他のレストランにも行ってみたいですし、またこのモーニンググローリーでも料理教室に参加してみてもいいとも思っています。 

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です