【食漫】ソースはブルドックだけじゃない!「めしばな刑事タチバナ」20巻は「ソース広域調査」

めしばな刑事タチバナ20

毎回熱くてディープなグルメ談義が繰り広げられるめしばな刑事タチバナもついに20巻となりました。

グルメと行ってもB級というか何の変哲も無いと思われる身近な食べものばかり。

20巻で取り上げられているのも野菜炒めや冷蔵の担々麺など。

そしてメインとなっているテーマが「ソース」。全国のソースを広域捜査しています。

 

ソース広域捜査

事の始まりは刑事課の重鎮、源さんの娘さんがコロッケのソースが元で婚約解消されそうになることでした。

(ちなみにこの源さん、重鎮という割にはこれまで一コマしか登場していなかった様子。タチバナ刑事も初見とボケていましたが、私も初登場キャラかと思っていました。)

その源さん曰わく

昨日の夕飯のとき、娘がソースをコロッケにかけたら、彼氏が急にそれに文句をつけてきて・・・・。

結婚を考え直したいって・・・・

大変なことになってきました。ソースで結婚解消って。

美味しんぼでも、彼女の実家がタマネギ農家だったりプルーン農家なのに彼氏がそれを食べられなくて結婚を心配するって話は定番になってますが、それがソースというのがめしばな刑事タチバナクオリティです。

 

源さんがさらに詳しく話してくれています。

食卓に並べた2人分のコロッケに娘がソースをかけたときに、

彼氏が「なんでこのソースなの」って聞いてきて

娘が「コロッケにかけるソースなんてどれも同じでしょ」って答えたら会話がそのまま終わって

今朝「一緒にやっていく自信がなくなった」って手紙を置いて、出ていったらしい

 

副署長が、「たかがソースでそれはひどいな」とつぶやくと、署員達が猛反論します。

「源さんには悪いが、俺は可奈ちゃんの発言もどうかと思うぞ」

「・・・・そこはこだわりどころよね」

「どれも同じはさすがに暴言だろう」

 

丸山刑事がななかな深い発言をしています。

揚げ物としてのグレードの高いメンチやとんかつのほうがむしろソースは適当でいいんです。

でも、揚げ物最安値ゾーンの王者であるコロッケのうまさは、ある意味ソース次第ですから

 

そしてタチバナがとどめの一言。

いいですか、世の中には2種類の人間がいるんですよ

コロッケにかけるソースなんてどうでもいいって人間

そこは本気(マジ)だぜって人間です

 

聞けば彼氏は全国を転々としてきたとのこと。源さんの娘・可奈さんは「ブルドックの中濃ソース」を使ったところに問題があったよう。

 

私も関東育ちなので、ソースと言えばブルドック、しかもトンカツソースが我が家の定番でした。

 

しかし、全国にはさまざまなソース文化がある、ということで「コロッケに合うソースを考える会」の開催に至るのでした。

 

タチバナが持ち込んだソースの数は280種類。これでもまだまだ全種類網羅できていないとか。

やはり粉もん文化の関西に地ソースが多くて、東北・北海道は少ないそう。

 

ソースの種類に加えて、コロッケに合うかが問題となるのですが、コロッケへのかけかたにも二つの対立軸があるのです。

ウスターの水分でコロッケの衣をヒタヒタにして食べたい派

とんかつ・中濃ソースをのせるようにかけてコロッケのサクサクとともに味わいたい派

こち亀の両さんは、子供の頃コロッケを薄くのばしてソースでヒタヒタにしてご飯を何杯も食べてましたし、なぎら健壱さんもメンチをソースで漬けにして食べるそうなので、前者の部類にあたります。

私はコロッケだけ食べるときはサクサク派、コロッケでご飯を食べるときはヒタヒタ派です。

 

その他の話

ソースの話が大半なのですが、その他に微妙な肉の入りに疑問を呈する「野菜炒め」、マトリックスインスパイアーな話で紹介される「冷蔵担々麺」、そして第三回辛味部のテーマ「トムカーガイ」のエピソードも。

担々麺は、かつてガーナに住んでいたときに無性に食べたくなって、近くの中華食材店で芝麻醤と乾麺、辣油を買って作った思い出があります。

日本には冷蔵でお店並みの商品があるんですね。タチバナ刑事おすすめは「四川担々麺 錦城」だそうです。

 

タイのスープ、トムカーガイは私も大好きでよく作っています。

本書では交通課の代々木さんが作っていますが、レモングラス、カー(タイの生姜)、こぶみかんの葉をちゃんといれる本格派。

私はもっぱらトムカーガイスープの素をつかってしまいます。

 

Tomo’s Comment 

ということで、めしばな刑事タチバナ20巻もディープな話が多くて楽しめました。

我が家もブルドックソースがメインだったので、今後はいろいろと試してみたいと思っています。

 

メシバナ刑事のその他の巻も紹介しています

【食漫】身近な飯の話満載!「めしばな刑事タチバナ1」

【食漫】めしばな刑事タチバナ12を読んでいたらジャンバラヤが食べたくなったので作りました

【食漫】「めしばな刑事タチバナ」16巻は魚肉ソーセージと納豆で熱い蘊蓄が繰り広げられます

【食漫】「めしばな刑事タチバナ」17巻は冷凍食品。こんなに進化していたとは。

【食漫】好きなおにぎりはなんですか?「めしばな刑事タチバナ」19巻はおにぎり放談。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です