【iPhone】新しいiPhone6sは裸で持つには心配なので革製のケースを購入。鞄や財布と同じポルコロッソ製にした理由

ポルコロッソiPhoneケース

↑ポルコロッソウェブサイトからお借りしました。クリックでサイトへ。

 

先日iPhone4sから6sへと乗り換えたことを書きました。

【Apple】iPhone4sから6sへ変えて実感したいい点、馴染めない点など5つのこと。 | Master of Life Blog Remaster

 

iPhone4sは形がかっこいいのでケースには入れずそのままポケットに入れて持ち歩いていました。

しかしiPhone6sはケースが必要かなと思いましたので、その理由とケース探しについて、今回の経験を紹介したいと思います。

 

iPhone6sにケースがいると思った理由

iPhone6sにケースが必要かなと思った理由は二つありました。

iPhone6s、薄っ!

一つはiPhone6sの薄さ。iPhone4sは質量もありかなり頑丈だったのですが、iPhone6sは大きく、薄くなって重量もかなり軽くなっていました。

iPhone4sは曲げたり折ったりしようとしても容易には曲がらない強靱さを感じました。しかしiPhone6sは違いました。

大きく薄くなったことの弊害ですが、ポケットに入れておいたとき、座ったときに角度が悪いと圧力がかかって折れてしまわないかと心配になる点です。

スーツのようにちょっと広くて動きの幅が持てる場合はいいのですが、特にジーンズなどの狭くて固いポケットだととても心配になります。

実際はどの程度の圧力で折れてしまうのか分からないのですが、折れても不思議はないと思わせる薄さと軽さなんです。

座ったら折ってしまったというのは悲しい自体なので避けたいと思いました。

 

片手でいじってると落としそう

iPhone4sは電源のオンオフからアプリの選択まで、ほぼ完全に片手で行うことができました。画面上もほぼすべての場所に指が届く感じ。

一方iPhone6sは片手では画面上部は届きませんので、握り直したりするのですが、その際に危うく落としそうになることが頻発しました。

画面が大きい恩恵というのは十分感じているものの、片手で扱えるという操作性は無くなってしまいました。

ということで落下しても保護されるという観点からケースに入れようと思いました。

 

iPhone6sケース探し

なるべくiPhoneの原型が分かるような薄く小さなケースというものも考えましたが、どうせ両手でしか扱えないなら、蓋のついた手帳型でもいいかと思いました。

最近、普段使いするものはできるだけいい物を買って、できるだけ長く使いたいと思うようになり、鞄、財布などの買い換えの際には、しっかりした造りで、使うのが楽しく、使い込むと味が出そうなものを買うようにしています。

 

去年買った鞄を筆頭に、少しずつそうしたものに置き換わってきています。

【鞄】ポルコロッソの皮のショルダーバッグを購入!皮の手触りも良くデザインも素敵なので一生ものになりそう。 | Master of Life Blog Remaster

せっかくなので、鞄と同じポルコロッソのサイトを覗いてみたところ、iPhone6s対応のケースもあるということがわかりました。

 

手に馴染みそうだし、皮の色がいい感じで偏食していくのではないかと期待して購入することにしました。

 

ポルコロッソのiPhone6sケースの使い心地

オーダーから数日で到着。

ポルコロッソiPhoneケース

 

さっそくiPhone6sにつけてみました。

ポルコロッソiPhoneケース

 

皮の部分の造りのしっかりしているのは、他の製品にも通じるところ。

iPhone装着部分は柔らかい樹脂製で、しっかりフィットしてiPhoneが外れることはありません。

電源ボタンやボリュームボタンを押すときに少し力を入れないと押せないのと、位置が若干分かりにくいのが難点。

サウンドのオンオフも少し深くなっているので切り替えにくいです。

 

あと私はiPhoneを左手で使うことが多いのですが、このフラップの部分、回転してiPhoneの裏面に折るということができません。従って、左手だけで保持して、ボタンを押すというのが非常にやりにくいです。

ただこの点は、もともとiPhone6sを片手で操作するのが難しいことを織り込み済みで購入したので、それほど苦にはなっていません。iPhoneで何か読むときは、文庫本を持つような形で持っていることが多いです。

 

カードケースは3枚分ですが、使い始めは固いので出し入れに苦労します。だんだんカードの大きさに合わせて皮がゆるくなると、出し入れもスムーズになりそう。

またカード入れの下とiPhoneの下にもカードなどを入れることができます。私は地下鉄の定期を入れたPASMOを入れて自動改札でかざしてつかっていますが、皮を通じても反応してくれます。

 

何よりも魅力的なのは皮の手触り。ちょっと厚みは出てしまうのですが、ホールド感が抜群で、ずっと持ってたくなるほど。

これはかなりの頻度で手にするので、皮の色もだんだんと風合いが出てくることが期待できます。

 

Tomo’s Comment 

ということで、iPhone6sはケース入りで使うことになりました。

iPhone6sは長く使っていこうと思っていますが、それでも3〜4年ぐらいが限度があると思います。従って、せっかく一生もののつもりで買っても、iPhoneを買い換えたときに使えなくなってしまうことが想定されます。

今後iPhoneの大きさがどうなっていくのか分からないところですが(今以上の大型化はないと思うのでしばらくこのサイズ前後で推移するとは思いつつ)、可能であればiPhoneを買い換えたときにも、iPhoneを入れる部分の樹脂だけ付け替えて対応できないかなと思っています。

 

 

その他のポルコロッソで買ったものはこちら

【鞄】ポルコロッソの皮のショルダーバッグを購入!皮の手触りも良くデザインも素敵なので一生ものになりそう。

【財布】ポルコロッソの鞄が良かったので財布も購入。一生ものにしたい長財布でした。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です