【旅食】沖縄のうまそうなものをいっぺんに食べられた「大安丸新都心店」。初めて食べる魚の刺身にアーサー天ぷらにスクガラスなどを満喫

 

IMG 2015

 沖縄には3泊ほどしかいなかったのでせっかくなのであれこれと美味しいものを食べてみたいと思っていました。

沖縄そばはかなり満喫できましたので、今度は魚介類を満喫と行きたいところ。

調べてみたら泊まっていたおもろまちのホテルの近くに美味しそうなお店がある事が分かり行ってみることに。

 

大安丸新都心店の情報

それがこちらの大安丸新都心店

大安丸 新都心店 – おもろまち/魚介料理・海鮮料理 [食べログ]

営業時間 17:00~24:00ランチ営業、夜10時以降入店可

定休日  火曜日

住所   沖縄県 那覇市 おもろまち 4-17-19 SOPHIA B L 1F

電話番号 098-869-3131

 

おもろまちの駅からも歩いて数分の所にあります。

 

こちらの大安丸、本店は久茂地にあるお店のようで、こちらは支店のようです。

 

奧武島というところの魚をつかってるそうで、名前の通り漁師のお店といった雰囲気です。

大安丸

 

 

大安丸で沖縄の海の幸三昧

さて、まずビールとともにお通しで選んだのがジーマーミ豆腐

ジーマーミー豆腐

豆腐という名前がついていますが、大豆でできている訳ではなく、Wikiによれば「落花生の絞り汁に芋くず(さつまいもデンプン)を加えてつくる」のだそう。

味わいもねっとりとして甘味があります。

 

カウンターに座ったのですが、目の前にネタケースがあり見たことがない魚が並んでいます。

大安丸の魚

 

ということで、早速注文しました。お刺身。

大安丸 刺身

4点盛りでした。

しかし、マグロ以外の魚については見当もつきません。

しかし大安丸の親切なところは、この日のお刺身がどんな魚なのか、メモをくれるところです。

刺身の魚名

 

赤いのはやはりマグロ。メバチマグロを「みーしび」っていうんですね。

 

そして白身の3種類が「たかばーみーばい」に「あかじんみーばい」、そして「あかまち」だそうです。

括弧で一般名らしき名前も書いてありますが、いずれにしても馴染みがないので分かりません。

みーばいというのは、ハタ科のお魚だそうです。

すこしきゅっとした歯ごたえがある美味しいお刺身でした。

 

「あかまち」ははまだいということで鯛の仲間? なんとか鯛というのは、あやかり鯛といって鯛ではない魚も混じってるので注意が必要。

調べてみたところ、やはり鯛科ではなく、フエダイ科の魚だそう。

味の方は鯛に負けず劣らずなかなか美味しいと思います。おすすめですね。

 

お次に頼んだのが、海ぶどう

海ぶどうとうに

なんと贅沢にウニがのって登場です。

海ぶどう、ぷちぷちした食感が好きで、メニューで見つけるとつい頼んでしまいます。昔フィリピンにいたときもよく食べていました。

 

そしてこれも食べてみたかったアーサーの天ぷら

アーサー天ぷら

海藻の天ぷら?とちょっと不思議に思いながら頼んだのですが、なにしろアーサーの海の香りが引き立っていて、熱いうちに食べると最高です。

 

そしてこの辺でビールから泡盛にチェンジ。

残波

 

残波という泡盛でした。

泡盛は米焼酎の仲間なのですが、インディカ米が使われているそうです。スッキリと飲めました。

 

そして泡盛と合わせるなら、これかと思って頼んだのがこちら。

豆腐よう

豆腐ようです。

豆腐ようは豆腐を紅麹や泡盛でつけて発酵させたもの。味と香りが濃いので、ちょびっとづつ削っていただきます。チーズよりもすっきりとしていて、泡盛にもぴったり。

 

さらに泡盛をおかわりして、この辺でお腹がいっぱいになってきたのですが、メニューにあるものを発見してついついたのんでしまいました。

そのあるものとは、「スクガラス」。

なんで知っていたかというと、昔読んだ「築地魚河岸三代目」26巻で登場したのが印象に残っていたからです。

築地魚河岸三代目26巻P142

 

話そのものはスクを塩で加工するスクガラスについて、良い塩を使わなければいいものができないっていう話でした。

そして相変わらず、三代目が美味しそうに食べるんですね。

築地魚河岸三代目26巻P158 築地魚河岸三代目26巻P159

 

 

三代目が食べているのは島豆腐にスクガラスをのせた物でしたが、今回頼んでみたのはこちら。

スクガラスと紫芋

 

紫芋にもちょっと興味があったので、こちらを頼んでみました。

 

そしてこれがスクですね。

スク

 

これを紫芋と一緒にいただいてみました。(これが正しい食べ方なのか分からないのですが・・・)

スクガラスと紫芋

 

スクガラスのしょっぱさと紫芋のほくほくした甘さがなかなかあっていました。スクガラス自体はとても塩っぱいので豆腐やイモなどと一緒に食べるのが良いようです。

一つ念願が叶いました。

 

Tomo’s Comment 

ちょっと食べ過ぎた気がしましたが、沖縄で食べたかったものがかなりここで食べられたので大満足でした。

どれも期待通り美味しかったのも良かったです。名物的なものって意外とがっかりするものがありますよね。

ということで、沖縄の美味しい魚を堪能したいときには、こちらの大安丸さん、超絶おすすめのお店です。住んでたら通いたいほど。

IMG 2021

 

美味しい魚貝を食べた話はこちらでも読めますので是非!

【旅食】札幌で体験したご自宅お寿司パーティーは最高のネタばかりで最高でした

【旅食】金沢の近江町市場で「いきいき亭」名物の海鮮丼を堪能!

【旅食】ハノイでシーフードを楽しむ。海鮮と言えば、Pho Bien Seafoodで決まり!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です