【旅行】持っててよかった!ANA Super Flyers Cardで快適な空港体験

ANA Super Flyers

昨年ANAを中心にスターアライアンスで旅行したことで、50,000ポイントを達成しANA Super Flyers Cardに入会することができました。

今回ANAを使って旅行をしたのですが、このカードを持っていてよかったと思えることがありましたので、そのメリットを紹介したいと思います。

 

Super Flyers Cardとは

多くの航空会社は年間の搭乗マイレージや登場回数に応じて、上級会員のステータスがもらえます。上級会員になるとラウンジが使えたり預入荷物の重さの制限が緩くなったりといろいろな得点があります。

ANAの場合はスターアライアンスで50000ポイント以上、そのうちANAグループ便で半分を獲得すると、ANA Platimunメンバーになる資格が得られます。

詳しくはこちらで紹介しています。 【旅行】ANAのSuper Flyers Cardが到着!そのメリットを解説。空港やフライトでの各種サービスをフル活用していきます | Master of Life Blog Remaster
通常、他の飛行機会社であれば、あるレベルを達成した翌年一年間だけ上級会員資格を得られるのですが、日本のJALやANAについては、この資格(50000ポイント以上かつ半分を自社)を達成した際に指定のクレジットカードに申し込むことで、この上級ステータスをずっと確保することができる仕組みがあります。

ANAの場合はSuper Flyersというプログラムがそれにあたります。(JALはGlobal Club)

毎年カードの会費を支払う必要がありますが、空港で得られる特典を考えると、年間に数回ANAまたはスターアライアンスの飛行機に乗るのであれば、十分利益を得られると思っています。

 

どんな特典が得られるの?

では具体的な特典について見ていきましょう。

今回、ANAでハノイまで行くことになりました。エコノミークラスのチケットです。

羽田空港に到着、まずはチェックインをします。

通常、エコノミークラスであれば、エコノミー用チェックインカウンターでチェックインを行います。しかし、羽田空港の国際線ターミナルは結構混んでいることが多く、チェックインカウンターでかなり並ぶ必要があることが多いです。

しかし、Super Flyersカードを持っていると、チケットがエコノミーであってもビジネスカウンターでのチェックインができます。(ちなみにJALのGlobal Clubは専用のチェックインカウンターがあります。)

こちらがビジネスクラスのカウンター入り口。見にくいですが、ボードにANA Platinum、Super Flyersについてはここでチェックインできると書いてあります。

 

多くの場合、ビジネスクラスのカウンターはそれほど並ばずにチェックインすることが可能です。

チェックインをする際にもいろいろな特典を感じられます。まず、荷物の重さが通常エコノミーだと21㎏×2個のところ、Super Flyersであればビジネスと同様32㎏×2個が預け入れられます。

また預入荷物についても、優先処理のタグをつけてもらえます。このタグがついていると、到着地の荷物受け取りの際にターンテーブルに優先して現れることになっています。

 

さて、チェックインが完了すると次に手荷物検査に向かいます。

この手荷物検査、羽田空港の国際ターミナルは時間にもよりますがかなりの長蛇の列になっていることが多いです。

そんなときもSuper Flyersカードを持っていると、ビジネス以上のお客さんが使える優先レーンを使うことが可能となっています。(成田空港にも専用レーンが用意されていますが、入り口がひっそりと横にあって特別感があります。)

 

混んでいるときはこの優先レーンでも結構待つ必要はあるものの、並ぶ時間が短縮できるのは有り難いことです。

荷物検査、パスポートコントロールを終えると、いよいよ搭乗口へ。

いろいろと時間を短縮できたので搭乗時間よりも余裕を持ってここまでたどり着くはずです。免税店で買い物をするのもいいのですが、Super Flyersカードを持っているとラウンジに入ることができますのでせっかくですから利用してみます。

 

ANAのラウンジは110搭乗口の近くにあります。そしてこの日はハノイ行きは110からの登場でしたので、とても便利。

ANAラウンジ

入り口には航空会社ラウンジという看板があります。

ここから奧に進みエスカレーターで上に行くとこんな看板があります。

SUITEラウンジはファーストクラス、ANAのダイアモンドステータス(80000マイルを達成)を持つ人のみが入れるラウンジ。私もまだ入ったことはありません。

ビジネスクラスやSuper Flyers所持者はANAラウンジへ。

ラウンジ入り口はこのような感じ。

 

ラウンジはかなり広いのですが入って右奥にあるのが食事コーナー。

カレーライス、焼きそば、唐揚げ、おにぎり、味噌汁、サラダ、果物などが並んでいます。

 

JALになくてANAにあるのがそば・うどんのカウンター。厨房に繋がる窓口がカウンターの奥にありますので、ここで各種麺類を注文すると番号札がもらえます。しばらく待つと番号が呼ばれるので札と引き替えに注文したものがもらえます。

この日はかき揚げそばに唐揚げとおにぎり。

ANAラウンジかき揚げそば

 

そうこうしているうちに搭乗時間となりますのでゲートへ向かいます。

いつも機内持ち込みで小さなスーツケースを持っているのですが、エコノミーの場合混んでいると頭上の荷物入れが先客の荷物で一杯になっていて入れる場所を探すのに一苦労することがあります。

Super Flyersのいいところは、優先搭乗ができること。子ども連れのお客さん、ファーストクラス客の案内の後、ビジネスクラスの登場となりますが、このタイミングで登場することができます。

こうして先に乗り込めると自分の真上に荷物を収納できるのでありがたいです。

 

そして席に着くとキャビンアテンダントの方からご挨拶がいただけます。これも多分Super Flyersメンバーに、ということかと思います。

 

Tomo’s Comment 

上記のように通常ビジネスクラスで使える便利なサービスが使えるのがSuper Flyers Cardの特典となります。

エコノミーでの旅行でもビジネス同様の空港サービスになりますので、年に数回利用できるのであればカードの年会費も十分ペイするものとなると思います。

一年で50000マイルをためるのが大変ではありますが、一度達成することができた時にはSuper Flyersの会員になることをお奨めします。

出発時だけではないたくさんの特典についてはこちらもご参照ください。

スーパーフライヤーズ会員の特典|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です