【旅行】ANAマイレージクラブの「プラチナサービス」メンバーに。様々な特典がいっぱいで今後活用できそう

プラチナサービスメンバー

 

今年はANAやそのアライアンスであるスターアライアンスの便を中心に使ってきました。

長距離フライトはなくアジアが中心だったのですが、回数が多かったこともありこのたびプラチナサービスメンバーになったとのメールがANAからありました。

 

ANAプラチナサービスとは

航空会社は、自社及び所属するアライアンスの別会社のフライトマイルによって、サービスのグレードが上がる仕組みがあります。

ANAは、年間30000マイル(うちANAグループで15000マイル)以上でブロンズ、50000マイル(うちANAグループ25000マイル)以上でプラチナ、100000マイル(うちANAグループで50000マイル)以上でダイヤモンドという区分けになっています。

ANAステータス

 

マイルといってもクレジットカードの買い物でたまるマイルではなく、フライトマイルが換算される仕組みです。

 

今回到達したプラチナサービスには様々な特典があります。

この中で私が特にありがたいと思えるサービスが次のものです。

  • ラウンジの利用
  • プレミアムエコノミーへの無料での変更
  • 優先チェックインカウンター
  • 手荷物受け取りの優先
  • 手荷物許容量の優待
  • 専用保安検査場の利用
  • 優先搭乗の案内
  • フライトボーナスマイル

 

ラウンジは通常ビジネスクラス以上に乗る場合に使えるのですが、プラチナになるとエコノミークラスの搭乗であっても、スターアライアンスの航空会社を使うときはいつでもラウンジが使えることになります。

すでにワンワールドについては上級会員(JAL Global Club)なので、JALやワンワールド系に乗るときには恩恵を受けています。さらにプライオリティパスやダイナースカードも持っているので、エコノミー搭乗の場合でも、かなりの確率でラウンジが使えるケースが多いのですが、ANAプラチナがあるとスターアライアンスに乗るときにラウンジが使えること2なり、これでかなりの確率でラウンジが使えるようになると思います。

 

また、飛行機の出発時間によってはオフィスで仕事をしてから慌てて空港へ行くケースも多いことから、優先チェックインカウンターやビジネスクラスカウンター、専用保安検査場が使えるのは時間短縮につながってとてもありがたいです。また海外ではエコノミーカウンターが大混雑という場面も少なくなく、ビジネスカウンターが使えるのは精神的にもゆったりとした気分になれますね。

通常、機内にはショルダーバッグと小さなスーツケースを持ち込んでいるのですが、遅く乗り込んでしまうと自分の席の上の荷物入れにスーツケースを入れられず離れたところに入れなければならないこともあります。特に途上国で乗るときはでかい荷物を持ち込む人も多いので、優先搭乗で乗れるとそうしたことも回避できます。

 

そして、これはJALのグローバルクラブにはない特典として、プレミアムエコノミーへの無料アップグレードがあります。対象者(プレミア以上を持っている人)が多いのであまり使えなかったり、ANAのプレミアムエコノミーの席はあまりよくない、といった情報もありますが、無料でアップグレードしてもらえるというのはやはり魅力だと思います。夜行便で移動して朝から仕事とかもありますので、座席は少しでも快適であればあるほどありがたいと思います。

 

プラチナサービスのさらなる魅力

ブロンズサービスにはない魅力として、プラチナサービスになるとスーパーフライヤーズ会員になれる、ということがあります。

通常、ブロンズやプラチナサービスというのは、条件を達成した翌年いっぱいまでの優待となります。しかし、プラチナサービス以上になると、ANA提携のクレジットカードを作ることで、そのカードを保持している限り、プラチナサービスと同等のサービスを受けることができるようになるのです。

スーパーフライヤーズ会員のお客様には、このカードをお持ちの方にふさわしい、選りすぐりのサービスをご利用いただけます。これからもずっと、ANAの空の旅をお選びいただけますように。

 

クレジットカードなので毎年の年会費がかかりますが、毎年50000マイルを達成するのは困難ですのでこれはありがたいサービスだと思います。

 

Tomo’s Comment 

これで、JAL Global Club、Priority Pass、ダイナースクラブカードに加えて、ANAスーパーフライヤーズが入手できることになります。

ビジネスクラスに乗れる機会は多くないけど海外出張・旅行が多い身としては、(維持費はかかるものの)多くの場合に優待が受けられる可能性が高くなりました。

残るスカイチームで上級会員になるとほぼ完璧なのですが、スカイチームの航空会社を使う機会はあまり多くないので、これで完了と言うことでいいかとも思っています。スカイチームについて言うと、年会費は高いですがデルタ航空のアメックスゴールドカードに入ることで自動的に上級会員になれるという裏技もあります。でも、そこまでは現状では必要なさそう。

プライオリティパスも今年から使い始めていますが、ダイナースクラブカードで使えるラウンジとかぶっているケースも実は多かったりするので、もう少し見極めて不必要だったら整理しようかとも思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です