CATEGORY 食を楽しむ

人生をエンジョイするには食をおろそかにしてはならないと思っています。

このカテゴリーは、日々の食事を大切に摂ることを中心に、日本全国・世界各国で食べたものを中心に書いています。

普段食べ慣れている食だけでなく、より広い食の世界に興味がある方の参考になることを願っています。

【旅食】フランス租界のシンボル的ビル「武康大楼」近くの「老𠮷士(Jesse Restaurant)」で上海料理を堪能

その土地を知るにはその土地の人と話すのも重要ですが、私が重視しているのはその土地の料理を食べること。 料理の特徴からその土地の人々の好みや気候風土などに思いをいたすことができると思っています。 そんな訳で、今回の上海旅行…

【ガーナ】日本の杵と臼のような道具で作るお餅のような食感のガーナ料理フーフー。かなり美味しくてまた食べたくなります。

2011年から3年間ほど、アフリカ西部のガーナという国で暮らしていました。 ガーナのご飯、このブログでいろいろと紹介してきましたが、日本ではまだまだなじみがないかと思います。 今回は、日本のお餅ににた作り方をするフーフー…

【読食】ホーチミンの「フーティウナムヴァン(Hu Tieu Nam Vang Quynh)」に行ったけどフーティウではなくバンカンを食べてみた

ホーチミンに行ってきました。 この4年くらい、ベトナムには年に4〜5回行ってきたのですが、今年はちょっとお休みで、今回が今年初のベトナム行き。 しかもホーチミンに超短期滞在でした。 従って、あまりたくさんベトナム料理を食…

【旅食】高松といえばうどん、ですが食べるべきものは他にもありました。骨付き鶏にオリーブハマチを堪能。

ちょっと前ですが、香川県高松に行ってきました。 香川と言えば讃岐うどん、ということで、うどんを楽しみに行ったのですが、高松の人たちに言わせるとまだまだ食べるべきものがあるとのこと。 2泊と短い滞在でしたが、あれこれとしっ…

【旅食】テルマエロマエⅡにも登場した宝川温泉「汪泉閣」で温泉と名物熊汁を楽しんできました

  アフリカで3年暮らして、帰国してはや3年以上が過ぎました。 もともと海外旅行が大好きなのですが、この3年ほど、ほぼ月に一回海外に出張で行っているため、プライベートな旅行はもっぱら国内ばかり。 出張は東南アジアが多いの…

【レストラン】幡ヶ谷「酒廊而空」にて本格的麻婆豆腐を堪能。美味しさにリピートして食べた回鍋肉も抜群 !

  麻婆豆腐といえば日本でもお馴染みの中華料理。 でも最近は日本人にお馴染みの麻婆豆腐ではない、本家本元の四川の麻婆豆腐も人気になっています。 そんな本場の麻婆豆腐がランチで味わえる、幡ヶ谷の「酒廊而空」に行ってきました…

【旅食】大洋州のミクロネシア連邦の食事情を紹介!日本食が食べられたり、マグロが一般的なのが印象的でした。

大洋州のミクロネシア連邦という国に行ってきました。 大洋州はこれまでトンガ、フィジー、キリバスに行ったことがありますが、ミクロネシア連邦は初めて。どんな国なのか楽しみにしていました。 ミクロネシア連邦 大洋州は大きく分け…

【読食】ベトナムのマスターシェフ5位、Aiさんの料理を楽しめる「Dong Phu in 1932」。Aiさんの料理本に出ている味が楽しめます。

以前、ハノイに行ったときに、Aiさんという方のベトナム料理の本(日本語)を購入する機会がありました。日本人向けの通販カタログがあって、そこで見かけたので現地在住の方に購入してもらったものでした。著者のAiさんは、ベトナム…

【読食】タイムライフ「世界の料理シリーズ」の「イギリス料理」を購入。45年前の本ですが、昔ならではのしっかりした作りですばらしい料理本!

  今日は、競輪場の京王閣で蚤の市が開かれているということで、掘り出し物を探しに行ってきました。 家に置く家具でアンティークっぽい椅子とか料理道具とかが欲しくて行ってみたところ、思いもよらず古本で掘り出し物がありました。…

【読食】アメリカの料理人達の世界がリアルに描かれる「キッチン・コンフィデンャル」は、料理人の世界に興味がある人におすすめ

アメリカでかつてベストセラーになったアンソニー・ボーデインというシェフの書いた、レストランの裏側を描いた本「キッチン・コンフィデンシャル」を読みました。 厨房のリアルな様子を描いていて、レストランの裏側を知るにはとても興…