【イベント】イケダハヤト東京凱旋企画!に行ってきた。「高知こんなにいいところ」がたくさん聞けた。

イケダハヤト凱旋イベント

 

プロブロガーとして有名なイケダハヤトさん。

昨年東京を飛び出して高知に移住し、現在では高知県情報や移住情報を発信されています。

私もこちらのオンラインサロンでお世話になっています。

そんなイケダハヤトさんが東京にやってきて、移住のこと、高知のことをお話ししてくれる!とのニュースが。さらにBe Palの大澤編集長もアウトドアグッズも紹介してくれるのだそう。

楽しみにしていたイベントがいよいよ今日開催されました。

 

会場は下北沢のB&B

このイベント、下北沢にある本屋さん、B&Bというところで開催されました。

本好きなのですが、B&Bは行ったことがありませんでした。これが意外とというかとてもよさげな本屋さん。

この本屋の存在を知ることができただけでも行った価値があったかも。こんどまたゆっくり行ってみたいと思います。イベントもたくさんやってるみたいだし。

 

イケダハヤトさんのお話

イケダさんの話については、おそらく他の方のブログでも詳しくまとめられると思いますので、私の心に残ったところをいくつか。

まず東京を去った理由なのですが、奥様の通勤時間が3時間で子育てに十分時間をとれなかったことが大きかったそう。私も海外で職住近接な環境を知ってしまってから通勤時間が無駄に感じて仕方ありませんでしたのでとても納得。

次に高知県の魅力をたっぷりと話してくれました。人々がラテン系気質で移住向きということでした。一番収入が少ないのに最も飲食費を多く使っているあたりが気質を現しているのがおかしかったです。

食べ物が安くて美味しいということなのですが、これは日照時間が一番長く降雨量が一番多い県だからなんだそうです。さらに太平洋に面しているので魚介類も美味しいとのこと。カツオのタタキなんか有名ですが、それだけじゃなさそうです。

自然林が多いからジビエも美味しいらしいです。先日もイケダハヤトさんのブログでも紹介されていましたが、こんなBBQやってみたい!

どんぐり食べてるイノシシなんて、まさに野生のイベリコ豚。うまくないはずないですよね。

 

それから移住の仕方として、「二段階移住」をオススメされていました。県庁所在地などの比較的大きな町に移住してからさらに地方部を見て回って移住先を探すやり方を自らも実践して、高知市からさらに山奥に移住予定なのだそうです。

 

後半はBe Pal大澤編集長も入ってキャンプグッズ紹介

前半でも触れられていましたが、地方に行くと自然が身近になるとのこと。そんな中でイケダハヤトさんが興味を示していたのがナタです。

草を刈るのに必須とのこと。

イケダハヤト ナタ

大澤編集長が持ってきたナタを贈呈されて嬉しそうなイケダハヤトさん。

今日持ってきて紹介してくれたのはナタとノコギリの2丁差しですが、今はその後継セットのこちらの3丁差しセットが販売されています。

刃物類は好きなのですが、さすがに都会でナタはまったく必要ないですね。逆に持ってると警察につかまります。

 

他に興味をそそった商品はbarbecookというバーベキューグリル。

 

火を付けるのが簡単なのがよさそう。こちらの動画がわかりやすかったです。

 

 

それからイケダハヤトさんも購入されたという薪ストーブも素敵な感じでした。

 

薪ストーブも欲しいアイテムの一つですが、今の家ではとてもおけません。

 

Tomo’s Comment 

ということで、高知の良さをバーチャルに堪能して、まずは高知に行ってみたくなってきました。

そして移住ということについても少し考えてしまいました。こちらについてはまた別の記事で書いてみたいと思います。

 

そうそう、生イケダハヤトさんを見ることができたのも収穫でした。低くていい声の持ち主と聞いていたのですが、そのとおりでした。口調はすごく早くて頭の回転が速いんだろうなと思ったり。

イケダさんも行ってましたが、東京でイベントだと人と人の関係が薄いのが残念とのこと。高知に行ったらもっと深い話が聞けそうなので、一度高知を堪能に行かねばならないと思っています。

 

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です