【旅食】ベトナム・ハノイの名物料理チャーカーを「チャーカーアンヴー(Chả Cá Anh Vũ)」で。白身がふっくらで美味しい!

チャーカー

ベトナムの首都、ハノイには美味しものがたくさんありますが、今回紹介するチャーカーもその名物料理となっています。

 

チャーカーとは?

チャーカーというのは、白身の川魚をターメリックを絡ませて油で揚げ焼きのようにし、ディルやワケギなどのハーブをたっぷりからませた料理となっています。魚はナマズの仲間が使われることが多いようです。

川魚なのでクセや臭みがあるように思いますが、ターメリックやハーブがそれをまったく感じさせません。うまい調理法だと思います。

ハノイで生まれた料理で、その発祥はチャーカーラボン(Cha Ca La Vong)というお店と言われています。私自身はまだ訪問したことがないのですが、やはり一度はいってみたいですね。

料理師匠のMichaelさんが訪問しています。

ハノイにいたら死ぬまでに一度は食べるべし「Cha Ca La Vong 」:空飛ぶ食いしん坊、料理は楽しい!!!:So-netブログ

 

チャーカーアンヴーでチャーカーを

チャーカーが食べられる店には何度か行っていますが、基本的にチャーカーの専門店が多いようです。

白身の魚に野菜、そしてブンという米の麺がセットになっていますので、これだけでも十分な量になっています。

 

今回訪問したのはチャーカーアンヴーというお店。こちらもやはりチャーカーの専門店です。

Cha Ca Anh Vu

 

Trip Advisorでも評価高いですね。

Cha Ca Anh Vu (ハノイ) の口コミ59件 – トリップアドバイザー

場所ですが、ハノイにはチャーカーラボンがあるチャーカーストリートというのがあってチャーカー屋さんが集まっているのですが、こちらはそこからはちょっと離れた場所にありました。 

 

席に着くとまずこのようなセットが運ばれてきます。

チャーカー

手前の麺がブン。そして向こうに見えるのがハーブ類となっています。そしてピーナッツ。このピーナツがいいアクセントになってるんです。

 

卓上のコンロにフライパンが置かれ、その中にはすでに魚が調理されています。火にかけてハーブ類をのせてさらに炒めていきます。

チャーカー

 

この炒める作業はお店の人がやってくれます。

チャーカー

 

火が通ったところで、小皿にブンを入れて、その上から魚とハーブをのせていきます。さらに生のハーブを散らしてピーナッツをトッピング。

チャーカー

 

そして忘れてはならないのがマムトムと呼ばれるこちらのタレ。

マムトム

 

エビを発酵させたもので、匂いはかなり強烈。私は好きなのですが、苦手な人にはハードル高いかもしれません。

このマムトムをかけて完成。

 

こちらのチャーカーですが、白身魚が柔らかくて味もしっかりとしているし、かなり美味しいと思いました。

前回いったチャーカータンロンも美味しかったのですが、こちらも負けず劣らずといったところ。

 

お腹いっぱいになったのですが、デザートでマンゴーとドリアンもいただいてしまいました。

IMG 2932

 

ドリアン

 

 

 

Tomo’s Comment 

 ということで、またまた美味しいチャーカー屋さんを知ることができて良かったです。

いよいよチャーカーラボンにも行かなければいけないような気になってきました。

 

 

チャーカーはこちらの記事でも紹介しています。

【旅食】ハノイで食べたチャーカーは白身魚とハーブの組み合わせがグッド!上級者はちょっと臭美味しいソースも試してみましょう。

【旅食】コロニアルな建物がオシャレなハノイ「ホーム・レストラン(Home Vietnamese Restaurant)」は料理の盛りつけも素敵

【旅食】ハノイでちょっとオシャレな雰囲気でランチ。モダンな建物で静かに食事を楽しめるレストラン「Madame Hien」がオススメ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です