【ホームズゆかりの地】ホームズファンなら一度は訪れたい「ライヘンバッハの滝」を見るためにマイリンゲンへ。

 

DSC 2792

 

ホームジアン、シャーロッキアンにとってのマイリンゲン観光の目玉といえば、ライヘンバッハの滝。というか、ライヘンバッハの滝を見るためにいくのがマイリンゲン。

「最後の事件」のクライマックスで、ホームズとモリアーティ教授が格闘したところです。

ただ滝があるわけではなくホームズファンとしても楽しめるポイントもたくさんありました。

今回はこの滝への行き方、見所などを紹介したいと思います。

 

ライヘンバッハの滝

ライヘンバッハの滝は、マイリンゲンの南側にある山並みのかなり上部に位置しています。

マイリンゲンの街中からも見ることができます

DSC 2791

 

この写真だと遠くに見えますが、マイリンゲンの街自体は小さいので、中心地にあるホテルから歩いて滝のふもとまで歩いてアクセスできます。

麓から滝の中腹まで、ケーブルカーを使って登ることになります。

こちらがケーブルカーの駅。

DSC 2796

 

ケーブルカーに乗る前に、麓の駅の近くには記念のプレートもありますのでお見逃し無く。

DSC 2794

 

もっと寄ってみます。

DSC 2795

 

私もメンバーになっているロンドン・シャーロック・ホームズ協会もこのプレート作成に関わっていたことが分かります。ミネソタのホームズ団体と合同のようですが。

 

ケーブルカーで滝の上流へ

8ポンド(往復、2007年当時)を払って、ケーブルカーに乗り込みます。

DSC 2798

 

乗車時間はほんの5分程度ですが、徐々に滝が見えてきて、興奮します。

DSC 2805

 

 

滝の全貌が

そしてついに中腹のケーブルカー駅に着くと、滝の全容が姿を現します。

DSC 2809

 

下を見ると滝壺が。

DSC 2810

この時期は水量があまり多くないのでしょうか。それほど大きな滝壺ではありませんでした。

日本でもよく見かけるこんなものもあります。

DSC 2865

 

そして滝の対岸を見ると、小さな星印が目に入ります。

DSC 2867

ホームズとモリアーティ教授が格闘をしたのがこの星印のあたりだったとの説明がありました。

DSC 2866

グラナダTVジェレミー・ブレットのホームズは滝の右岸で戦っていましたが、オリジナルのイラストでは左岸で戦ったことになっています。(ちなみにTVシリーズの格闘シーンのロケ地は別な滝だったそうです。落下しているシーンはライヘンバッハの滝ですが。)

 

滝の対岸へ

せっかくなので、この星印まで足をのばしてみることにしました。

ケーブルカー駅を滝側に歩いていくと、登山道があります。

DSC 2817

途中に何カ所か展望台があり滝や麓のマイリンゲンの街が一望できます。

DSC 2823

ここは下から見えた滝のさらに上流です。

DSC 2826

 

そしてここまで登ったら、今度は下っていきます。

DSC 2840

 

このまま下るとアーレシュルフトまで行ってしまいますので、ここで左折。

DSC 2841

 

すると突き当たりにやっと星のあった場所に到着です。

DSC 2846

ここまで急いで歩いて40〜50分くらいでしょうか。

 

星だけではなくプレートもありました。

DSC 2851

DSC 2844

こちら側からみた滝壺はさらに迫力がありました。

DSC 2848

今度はケーブルカー駅が対岸に見えます。

DSC 2852

 

今回は往復のケーブルカーチケットを購入したのと、すでに時間的に厳しかったのでやめましたが、先ほどの下りをさらに降りると、マイリンゲンの見所の一つ、アーレシュルフトというスイスで一番深いと言われる渓谷まで行くことができるようです。

ただ、アーレシュルフトが閉まるのが午後5時ですので、ホームズ博物館の開館時間(1時半)を考えると、ホームズ博物館を見てから、ライヘンバッハの滝、アーレシュルフトという順番で回るのは無理でした。アールシュルフトは朝見ておくべきですね。

 

同じ道を戻ってケーブルカー駅へ。駅舎にはホームズ関連の写真が飾ってあったり、サイン帳がおいてあったりします。

DSC 2860

名残惜しいのですが、ケーブルカーに乗って、下山しました。

DSC 2871

 

Tomo’s Comment 

こうしてホームジアンの聖地、ライヘンバッハの滝詣でが終わってしまいました。

ここに来るのは昔からの夢だったので、終わってしまうと少し寂しくもありますね。

もう一度来ようと心に誓いました。

 

マイリンゲンについてはこちらもどうぞ!

【ホームズゆかりの地】マイリンゲンにもあった「シャーロック・ホームズ博物館」。ホームズの部屋も再現されています。

【ホームズゆかりの地】ホームズファンがマイリンゲン泊まるなら「ホテル・シャーロック・ホームズ」か「英国旅館」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です