【料理】シチリアの香りが漂うカジキのパンテッレリア風を作ってみた

DSCN1936

先週のイタリア旅行から帰ってきてから自宅でもイタリア料理ばかり食べている気がします。すでにまたイタリアに行きたくなっているのかも。

 

シチリア料理教室で習ったこと

シチリア・トラーパニではReiさんに料理を教えていただきました。

当初はカジキの料理を教えてもらう予定だったようですが、習った日はカジキがなかったのでヒメジを使った料理になりました。 その日に入るいい材料を使うというのはとても大事だと思いました。

でも、ふと気がついたのが、「そういえば、カジキならガーナでも売ってるよなあ」ということ。

そして、昨日、近所の魚屋に行ったところ大きなカジキを発見。背中の部分を大きめに切ってもらって購入してきました。

 

カジキを使ったレシピに挑戦

ということで、料理教室でいただいていたカジキを使ったレシピを参考に「カジキのパンテッレリア風」というのを作ってみることにしました。

 

ところで、材料のうちケッパーはシチリアで買ってきたものが活躍してくれました。

シチリアでは塩漬けにしたケッパーをよく使うそうです。こちらガーナでも瓶詰めのケッパーは買うことが出来るのですが、酢漬けになった物が多いです。日本でもよくスモークサーモンの上にのっているような酢漬けのものしかみたことがありませんでしたので、ケッパーは酸っぱい物だと思い込んでいました。

しかし、塩漬けの物はまったく違う味の印象でした。こちらが塩漬けのケッパーになります。(Reiさんの料理教室で使った物。)

DSCN1782

 

このままでは塩が強いので水で塩抜きしてから使います。(これがとっても美味しかったので、その後袋詰めの塩漬けケッパーをシチリアで購入して持ってきました。)

 

そしてカジキが入手できたので、シチリア土産のケッパーを使って料理をしてみました。

 

基本はケッパーやパセリなどを使ったトマトベースのソースでソテーした魚を煮込んでいく料理なのですが、この食材の組み合わせもシチリアっぽいということがシチリアに行って分かりました。

 

できあがりはこちら。  

DSCN1936

 

Tomo’s Comment 

残念ながらオリーブを買うのを忘れたため、本来入っているべきオリーブが入っていません。

それでも、充分にシチリアっぽいできになったと自己満足。ケッパーも香りが良くて、効いていました。 

コメントはまだありません。

  • こんにちは!かなり近い感じですよ、カジキのパンテッレリア風。これにオリーブが入れば完璧かも。ソースの量はもっと多い人もいますが、その辺はお好みで、、、。

  • >Reiさん、コメントありがとうございます。
    先日はお世話になりました!
    オリーブは瓶詰めのものがあったので購入してみました。(グリーンしかなかったのですが。)
    ソースの量、確かにちょっと少なめになってしまいました。もう一切れ冷凍してありますし、比較的いつもある魚なので、何度も作ってみてレパートリーに加えたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です