【ピッツァ】目黒を散策して久しぶりの「聖林館」のピッツァ

聖林館マルゲリータ

久しぶりに目黒方面に散歩に行ってきました。

中目黒方面は美味しいお店が多いのですが、やはり聖林館ピッツァが印象深く、近くに行ったら行かないわけにはいきません。

そんな久しぶりの聖林館訪問と目黒散歩のことを書いてみたいと思います。

 

きっかけは本屋さん

目黒に行こうと思ったのは、以前お世話になった方のブログを読んでいたら、魅力的な本屋さんのことが出ていたから。

その本屋というのはこちら。

編集者?作家?エッセイスト?の松浦弥太郎さんがプロデュースした本屋さんです。

著作は読んだことがないのですが、読んでみようと思ってる作家さんで気になっていたのですが、そんな方が手がけた本屋さんと言うことで行ってみようと思った次第。

中目黒駅からもほど近い目黒川沿いにありました。

 

Cowだけに牛がモチーフでTシャツなどのグッズの販売もしていますが、選書に牛は関係ないようです。店舗はそれほど大きくないのですが、古本屋さんのイメージは一切ないこぎれいなたたずまい。本の量はそれほど多いというわけではないのですが、全体的に装丁の美しい本がうまくディスプレイされている印象です。あまりよれよれの本はありませんでした。

シャーロックホームズ関連では長沼弘毅氏の本が何冊かありましたがいずれも持っているので購入はせず。他の本も残念ながら購入には至らず、収穫はなしとなってしまいました。

また機会があれば訪れてみようと思いました。

 

聖林館へ

せっかく中目黒界隈にきたのだからと、お昼は聖林館に行くことに。

聖林館というのはナポリピッツァの名店で、店主はジャズドラマーで渡米後に帰国しピッツァ屋さんを始めたとのこと。本場ナポリで感銘を受けたというだけあり、本格的なナポリピッツァで、種類もマルゲリータとマリナーラしかありません。

コロナもあって、外食は久々でしたし、アルコールを家の外で飲むのもいつ以来なのか思い出せないほど。

聖林館ビール

 

やっぱりピッツァにはワインよりビールだと思います。

 

そして前菜としてた飲んだのがアーティチョーク。

 

アーティチョーク

日本ではなかなか売ってないので、自分で調理すると言うことは全くないのですが、とても好きな野菜の一つです。

オリーブのみとオリーブオイルがうまみを加えてくれてとってもグー。

 

そしてメインのピッツァはせっかくなので看板の2種類をいただきました。(この2種類しかメニューにありません。)

こちらがモッツァレラが美味しいマルゲリータ。

聖林館マルゲリータ

 

まずはピッツァ生地が美味しい。ちょっと塩味が効いていてこれだけでもずっと食べていたいぐらい。そして、ミルキーなモッツァレラとプチトマトから流れる果汁が極上のトマトソースとなっています。

この焦げた感じもよい風味になっていて香り、フレーバーともに楽しむことができました。

 

こちらはマリナーラ。聖林館マリナーラ

チーズのないピッツァですが、トマトとニンニクの風味で、マルゲリータとはまた違った生地のおいしさを楽しませてくれるというか、シンプルながら日常的に食べ続けたいぐらい。オレガノもよくきいています。

 

昔テレビで取り上げられたとき、聖林館のウェイター、ウェイトレスの皆さん、焼きたてのピッツァを素早く2階、3階にもっていくため、階段を駆け上がってたそうで、足腰が強くなったと言っていた記憶があります。

ナポリでも、焼き上がりを一刻も早く食べるために、席は窯に近いところにとるべしという話も聞いたことがあります。

その階段がこちら。

聖林館会談

 

駆け上った店員の方々の名残が感じられる年季の入った階段。

 

店のたたずまいもメタリックでかっこいい。

聖林館

 

Cow Booksといい聖林館といい、店舗の外観が素敵すぎます。

 

聖林館をさらに詳しく知りたい場合はこちらをご覧ください。

 

思い出の祐天寺

せっかく目黒に来たので、アンティーク家具でも見て帰ろうと歩いて目黒通りへ。

途中でさしかかったのが祐天寺。

祐天寺

かなり昔ですが、祐天寺の近くに2年ほど住んでいたことがあり、祐天寺の駅から家まで歩く途中に祐天寺がありました。帰宅途中でよく中を通らせてもらったりしていたのを思い出しました。

しかし、当時は神社仏閣にあまり関心がなかったのか、あるいは激務で帰宅が毎日深夜だったからか、久しぶりに境内に入ってみたものの、あまり記憶が掘り起こされず。それはそれで、新鮮な気持ちでお参りできたのでよかったのですが。

 

祐天寺

 

アンティークショップ巡り

散歩の最後は、目黒通りに出てアンティークショップを眺めて帰ることに。

最初に入ったのがこの界隈では一番規模が大きなショップのジェオグラフィカ。

ここ数年、アンティークのスツールとベンチがほしいなと思っていたのですが、いくつか良さそうな物が見られて参考になりました。

こちらは喫茶店もあるので、ちょっと一休みしていくことに。

ジェオグラフィカ

ケーキと白ワイン。

昼からビールでおやつでワインで、とても幸せ。

 

Tomo’s Comment 

ということで、昔住んでいた目黒界隈に久しぶりに行ってみました。

目黒側沿いにはおしゃれなお店も増えていることが分かりましたし、落ち着いた住宅街が並んでいて静かだったし、アンティークショップは充実していて飽きずにぶらぶらできて、改めて住むにはいい街だなと思いました。山手線も近くて便利だし、自然も残っているし。

仙川に定住することになったので、海外駐在を除けばおそらく国内、特に都内で引っ越しすることはないと思うのですが、もし引っ越すとしたら目黒は有力候補になるかな。

 

ピッツァについてはこちらでも書いています。

【イタリア】美味しい前菜とパリパリのピッツァを堪能でるローマのピッツェリア「ヌオヴォモンド(Nuovo Mondo)」

【旅食】ローマでピッツァを楽しむなら「La Gallina Bianca」 前菜も充実しておすすめです

【読食】家でピッツァ焼くことがあるので読んでみた「ピッツァ プロが教えるテクニック」は予想以上にプロ向けの内容

【旅食】ベトナムでこんなに美味しいピッツァが味わえるとは!日本人が始めた「ピッツァフォーピーズ(Pizza 4P’s)」が素晴らしい。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください