【旅食】ハノイでブンチャーを食べるならここ!偽物まで現れるダッキム(Dac Kim)のブンチャーが美味しい

ダッキムのブンチャー

 

先日も書きましたが、ベトナム、特にハノイに行ったら是非食べて欲しいのがブンチャー。

ブンという米の麺をつけ汁に浸して食べる、日本のざる蕎麦やつけ麺にも通じるスタイルの麺料理です。

そしてハノイでブンチャーと言えば、ここ、ダッキムをオススメします。時間がなくてブンチャーは1回だけということなら、ここに行っておけば間違いありません。

 

下町にあるダッキム

ダッキムが位置しているのはオールドタウンと言われるエリア。

近くにはシルク製品などのお土産物を売るお店などもあっていつも賑わっています。


大きな地図で見る

 

Trip Advisorでの評価も高くなっています。

ブンチャーの老舗なのですが、高級店というわけではなく親しみやすいお店となっています。庶民的な料理ですので、きれいな店舗というのは馴染まないですね。

 

実はこのダッキム、ベトナムに初めて来たときに連れてきてもらった思い出のレストラン。当時はベトナム料理のこともあまり知らず、ダッキムが有名店だと言うことも知りませんでした。

中は急な階段があって2階、3階席にも行けます。

ダッキムの階段

 

 

座ると出てくるブンチャー

こちらはブンチャー一筋ということで、席に座ると早速ブンチャーのセットが出てきます。

まずは米の麺であるブン。

ブンチャー

 

上の写真の左にあるのはつけ汁なのですが、これは継ぎ足しよう。

つけ汁はこんな形で登場します。

P1130248

中はお肉が満載。ハンバーグ状の肉団子と普通の焼き肉。ブンチャー自体はさっぱりなのですが、このお肉がセットになってるので結局お腹にたまることになります。

 

そしてこれもつきものの揚げ春巻き。

揚げ春巻き

 

そしてベトナム料理に欠かせない各種野菜・ハーブ類が山盛りでやってきます。

ベトナム野菜とハーブ

 

これらを手元の茶わんであわせるとこんな感じになりました。

ブンチャー

 

つけ汁は少し甘めですが、これがブンや春巻きにもマッチして美味しいのです。ハーブ類も香りが様々。お肉とも一体となってなんとも言えない美味しさ。

 

偽物に注意

このダッキムのお隣にもブンチャーを出すお店があります。ダッキムと間違えて誘導しようという作戦。

本家からはこんなアナウンスが。

ダッキムの偽物注意

 

ベトナムって、こういうあやかり商法が結構あるみたい。

以前、ホーチミンでソフトシェルクラブの美味しい店に行こうと思ってタクシーで行ったら、微妙に違う店に案内されてそこで食べてしまったこともあります。

ということで、入る店を間違えないようにご注意ください。

 

Tomo’s Comment 

お腹いっぱいでお支払いを済ませて外に出ようとしたら、店先でお客さんが入ったらすぐに出せるようにつけ汁とお肉が大量に準備されていました。

ブンチャーつけ汁

 

そして春巻きも大量に。

P1130255

 

 これだけ準備してあると言うことはお客さんが多いと言うことが分かります。平日の昼に行きましたが、ひっきりなしにお客さんがやってきて常に満席状態。

観光客ももちろん多いのですが、地元の人も多く来ているみたい。偽物ができるほどの人気店なのも納得。

ハノイに行ったら必ずまた行きたいお店の一つです。

 

2回目の訪問の記録はこちら。

 

 

2 件のコメント

  • @maiman_JPN 私もハノイはブンチャーが有名?というぐらいしか…https://t.co/a123mmvodZ
    日本語通じる〜みたいな所行かなければぼったくられても1着5000円あれば作れますよ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です