【旅食】クラフトビールが面白い!造り酒屋で飲む志賀高原ビールを堪能。

杉玉

普段居酒屋などで飲むビールと言えば、大手のビール会社のビールが多いですよね。

もちろんどこで飲んでもビールは美味しいのですが、いつも同じ味では飽きてしまいます。

しかし、各地でのクラフトビール造りが盛んになっているらしく、地方で特徴あるビールに出会えることが多いようです。

 

玉村本店で飲むクラフトビール

醸造元玉村本店は長野県の下高井戸郡にある老舗の造り酒屋さん。

玉村本店

 

1805年創業と長い伝統があります。

お酒に加え、2004年からはビール造りも始めたそうです。

それが志賀高原ビール。現在はいくつかの種類があるようです。

 

施設内を見学

こちらはギャラリーもあったりして中を見て回れました。

P1130399

 

酒造りをしているエリアも二階の窓から見学できます。

玉村本店

 

そして一階には試飲もできるバーカウンターがあって、ビールもここで注文して飲むことができました。

玉村本店

ポスターやカウンターの造りなど、とても雰囲気のいい一角になってました。

 

志賀高原ビール

そしていよいよ一杯注文して飲んでみました。

それが志賀高原ビール。たしかペールエールだったかな。

P1130390

 

酵母が生きているということで、香りがビンや缶のビールとは違いますね。

昼からビール飲むの、最高です。

 

Tomo’s Comment 

地ビールブームというのが昔あったのを覚えていますが、実際はあまり飲んだことがありませんでした。

単なるブームではなく、かなり定着していることが今回クラフトビールをいただいて理解できました。

日本をあちこち回って地元のビールを楽しむというのもなかなか楽しそうですね。

 

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です