【ブログ運営】旧ブログ(So-netブログ)からWordPressへの引っ越し(3)MarsEditでローカルに旧ブログの過去記事を保存して新ブログに移行

Blog Moving

So-netブログ時代から愛用しているMarsEditですが、WordPressに移行してより便利に使っています。今回はBlogの引っ越しにMarsEditを使っている話です。

 

これまでの経緯

まずは旧ブログから新ブログに記事を移行するかについてこちらに書きました。

【ブログ運営】旧ブログ(So-netブログ)からWordPressへの引っ越し(1)データを移行すべきなのか?

 

 

ウェブ上に二つの記事があるのは良くないと言うことで、旧ブログの記事は冒頭のみ残しあとは「続きを読む」からのリンクで新ブログの記事に飛ぶようにすることにしました。

 

そして具体的なSo-netブログから新ブログへの記事の移行はこちらの記事で説明しています。

【ブログ運営】旧ブログ(So-netブログ)からWordPressへの引っ越し(2)引っ越し作業の進め方

 

 

So-netブログからのMT形式でのエクスポート、ローカル環境にMAMPを使って立ち上げたWordPressへのインポート、記事を下書き状態にしてWordPress形式でエクスポート、これをサーバー上のWordPressにインポートという手順をとりました。

今回は現在進行形のその後の状況となります。

 

サーバー上の下書き記事の扱い

サーバー上のWordPressにはこれまで旧ブログで書きためた記事がすべて下書き状態でインポートされています。

一番簡単なのは、下書き記事にチェックを入れて、一括操作で公開にすることです。

しかし、記事数が多いため一気にやるのはやめることにしました。

その理由は、一つは旧記事に新記事へのリンクを貼る作業に時間がかかるので一編に作業できずその間に同じ記事がウェブ上に存在する状態になること、もう一つはWP to Twitterプラグインによって一気に大量の新着記事のつぶやきが流れてしまうことです。

後者についてはプラグインを止めておけばよいとは思いますが、せっかく移行するので、この機会に再度旧記事もTwitter上に流したいということもあります。

また前回も述べましたが、記事の写真はすべて旧So-netサーバーから引っ張る形でインポートしてしまっていますので、これを自前のサーバーに移動して使いたいということがあります。これについては自動化というか簡単なやり方でできるとは思ったのですが、いまいちその方法が見いだせませんでした。(おそらくサーバー上にフォルダを作って、旧ブログからダウンロードした写真ファイルをアップして、すべての記事の写真へのリンクをSo-netからサーバー上のフォルダに置換してやればよいのではないかと思いました。)

そして最後に写真のサイズも小さかったものを大きくしたかったり、パーマリンクをきちんと設定したり、リンクをきちんと張り直したり、見出しをつけたりと少しでも改善して移行したいという思いがありました。

 

MarsEditに記事を移行

上記の作業を行うのに、サーバー上で作業することももちろんできると思うのですが、画像のアップロードが特に面倒くさそうでした。

いつも使っているMarsEditを使えば、PCにある画像ファイルを改めてサイズを指定して、記事ごとに一度にアップロードできます。

MarsEditにはサーバー上の記事をダウンロードして同期する機能がついています。この機能を使えば、上記の移行作業も可能だと思ってやってみたのですが、So-netブログからは大量の記事のダウンロードはできなかっため諦めたことがあります。

検索してみると、大量の記事をローカルに同期することもできるという記事もありました。今回は自前のサーバー上でもあるし、もしかしたらできるかもと思いやってみることに。

MarsEditのメニューからBlog-Edit Settingを選択します。

Blog moving1

すると次のような画面が開きますので、Download the 〜 most recent posts on refreshの項目で記事数を入力します。

Blog Moving2

私の場合は記事が1700近くあったので、2000にしておきました。

注意書きにサーバーに負荷を与えるので記事数の設定は10〜30が推奨されていますが、今回はきちんと2000ダウンロードしてくれました。

もしかしたら無料ブログのサーバーは負荷をかけないために、サーバー側でこれができないセッティングになっているのかもしれません。

これによってローカルのMarsEditの環境からすべての記事の編集が可能となります。

 

MarsEdit上での編集

編集の際には、記事タイトルを見直します。具体的には分かりにくいタイトルは直すことと、タイトルの前にカテゴリーを括弧書きで付けるようにしています。

次にパーマリンクの指定をして、タグを加えておきます。

次に本文の編集ですが、まずは文体を見直して小見出しをつけていきます。

次に内容的に間違っていたり、タイポがあったりしたら修正。

当時記事を書いている時には過去記事へのリンクしかつけていなかったので、その後に書いた記事へのリンクもつけるようにしています。

そして写真の選び直し。So-netブログで記事を書いたときに使った写真は、MacのHDに保存されていますので、改めて選び直してサイズを指定していきます。

 

Tomo’s Comment 

多少は過去記事の編集作業が楽にはなっていると思いますが、編集作業に思ったよりも時間がかかります。

このペースだと1700記事をすべて移行するのにはかなりの時間がかかりそう。一日2記事でも2年以上かかります。

ちょっと先が見えない作業ではありますが、新記事の投稿に合わせて旧記事の移行もがんばっていこうと思います。

現在はとりあえずクロアチア旅行の記事を少しずつアップロードしているところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です