【レストラン】憧れの「八丁堀ぜん」で美味しい魚料理を堪能。魚はもとよりフグにウニ、そしてフカヒレに驚きと感動でした。

ぜん

長らく魚料理をおしえていただいている「空飛ぶ食いしん坊」ことMichael先生のさらにお師匠さんの仲卸さんがやっているお店があります。

いつもMichael先生のブログで素晴らしいお料理の数々を見ていていつか行ってみたいと思っていたところ、先日、Michael先生達と一緒に訪問することができました。

八丁堀「ぜん」:空飛ぶ食いしん坊、料理は楽しい!!!:So-netブログ

 

出てきたお料理は想像していた以上に美味しく、素晴らしい日本酒にもぴったりとあいました。

そんな魚料理の美味しい「八丁堀ぜん」について紹介したいと思います。

 

築地仲卸のお店

看板にも書かれていますが、「築地仲卸大昌水産の店」ということで仲卸さん直営となっています。

この仲卸さん、いつもMichael先生の魚料理教室で美味しい魚を仕入れてくださっています。ですので、そのお魚の美味しさについては経験済み。

いつもそんなお魚を料理させてもらっていて幸せです。

【料理教室】「空飛ぶ食いしん坊」Michael先生による旬の魚料理教室にて鰺、青鯛、縞鰺、鮎、鱸、穴子、鱧などの夏の魚祭り! | Master of Life Blog Remaster

場所は八丁堀にあります。

 

 駅で言うと宝町や八丁堀から歩いて行けるところにあります。東京駅も徒歩圏内ですね。

 

 

お造りはもちろんフカヒレに感動

まずはビールで乾杯すると、さっそく先付けとお椀が。

先付けと汁

 

先付けはばくらい、エビの塩辛、茄子のごま和え。

先付け

ビールから日本酒に移行です。そしてやはり日本酒にあいますね。

お椀は鱧とマツタケでした。秋を先取りですね。

 

そして見事なふぐさしがやってきます。見た目にも美しい。

ふぐさし

なんとトラフグ。さすがに味の深さを感じました。手前に見える皮の部分も絶品。

 

そしてこれも贅沢なお刺身の盛り合わせ。

おつくり

こちにひらまさ、すずき、縞鰺、マコガレイ、マグロ、貝はツブに本ミルでした。

いずれも食べてしまうのがもったいない美味しさ。本わさびを鮫皮のおろし器ですっていただきました。

 

バフンウニもこんなにたっぷり。

ばふんうに

一房一房がしっかりとしていて、こんなに大きいのは見たことがありません。(なんでも銀座久兵衛に行くレベルのものだとか!)

 

そして今年の土用に食べ損ねていたウナギもいただけました。

うなぎ

白焼きをワサビでいただきました。

 

そしてここでまたまた贅沢な試み。

十四代のみくらべ

日本酒の「十四代」を4種類飲み比べ。

左から純米吟醸白鶴錦、中取り純米吟醸播州山田錦、中取り純米吟醸備前雄町。さらに奧にある無濾過のものものませていただきました。

十四代

それぞれ個性があって、どれがどの料理にあうのかいろいろ試してみるのも楽しいですね。十四代でそれができるなんてなんていう贅沢。

 

そして素晴らしいお料理の中でもひときわ印象的だったのがこちらのフカヒレ。

ふかひれ

しっかしした大きさのフカヒレに美味しいスープで味付けがなされているのですが、それだけではありませんでした。

 

この下にあるのが茶わん蒸し。

フカヒレ茶わん蒸し

 

スープと茶わん蒸しの取り合わせがまた絶品でした。少しだけかかっているコショウもいいアクセントになっています。

 

そしてこちらはエビに大葉の衣をつかって揚げた一品。

エビの大葉あげ

大葉がいい具合にサクサクしてエビともいい取り合わせになっています。

 

シメにはお蕎麦をいただきました。

おそば

 

そして最後の最後のデザート。

デザート

求肥に包まれたアイスクリームにコーヒーとあんこのゼリー。どちらも経験したことがない取り合わせでしたが、これが美味しいんです。

 

Tomo’s Comment 

しかしどの料理も美味しかったです。素材が素晴らしいと言うことはもとより、お料理としてさらに美味しくなっているということでプロのワザを感じます。

Michael先生の師匠のお店と言うことで、多分普通に行ってもいただけないものも多々あったと思います。なかなかできない体験をさせていただくことができました。

 

 

魚料理の記事はこちらでもお楽しみいただけます

【料理教室】Michaelキャプテンの料理教室でイサキ料理を習いました。魚は皮ぎしが美味しいと改めて実感

【旅食】沖縄のうまそうなものをいっぺんに食べられた「大安丸新都心店」。初めて食べる魚の刺身にアーサー天ぷらにスクガラスなどを満喫

【料理】「ふるさと納税」をしてみたら立派なキチジが届いたので堪能した話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です