【#月9でシャーロック】最後の晩餐で・・・?月9「シャーロック」第九話をシャーロッキアン的に見てみる

ディーン・フジオカ、岩田剛典、(C) フジテレビ (画像クリックで公式へ)   いよいよ終盤の『シャーロック」。 ラスト二回に向けて、今回はその前の「最後の晩餐」。 レストランを舞台にした謎解きで、ほとんどがレストラン内…

【#月9でシャーロック】SAはモラン大佐?月9「シャーロック」第八話をシャーロッキアン的に見てみる

岩田剛典、 ディーン・フジオカ、(C) フジテレビ (画像クリックで公式へ) 第9話の前に書いてしまいたかったのですが、いろいろ事情があり遅れてアップいたします。 全11話ということが分かり、そろそろ守谷に絡んだストーリ…

【#月9でシャーロック】スマトラの大ねずみ登場。月9「シャーロック」第七話をシャーロッキアン的に見てみる

岩田剛典、 山城琉飛、ディーン・フジオカ、(C) フジテレビ (画像クリックで公式へ)   今週のストーリーは殺人事件もなく、ちょっとほっこりした展開でしたね。 獅子雄の人間性も、複雑ながら優しい側面なども垣間見えてきて…

【#月9でシャーロック】カナリア調教師ウイルソンが登場。月9「シャーロック」第六話をシャーロッキアン的に見てみる

ディーン・フジオカ、吉川愛、岩田剛典、(C) フジテレビ (画像クリックで公式へ)   いよいよ後半にさしかかってきた月9ドラマ「シャーロック」。 しばらく出てこなかったモリアーティ(守谷)の影もちらつき初めて、終盤に向…

【#月9でシャーロック】「マーゲートの婦人事件」がモチーフ。月9「シャーロック」第五話をシャーロッキアン的に見てみる

岩田剛典、 ディーン・フジオカ、(C) フジテレビ (画像クリックで公式へ)   第五話と言うことで折り返し地点まで来た月9ドラマ「シャーロック」 獅子雄と若宮君の同居生活や共同捜査もだんだん板についてきたようです。 今…

【#月9でシャーロック】ディーン・フジオカ、岩田剛典主演、月9ドラマ「シャーロック」原作ネタまとめのまとめ

岩田剛典、ディーン・フジオカ、佐々木蔵之介 – (C) フジテレビ 2019年10月から始まった月9ドラマ「シャーロック」。 かっこよくひょうひょうとした犯罪コンサルタント・誉獅子雄を演じるディーン・フジオカ…

【#月9でシャーロック】キーワードは失踪でなく橋?月9「シャーロック」第四話をシャーロッキアン的に見てみる

ディーン・フジオカ、岩田剛典、 – (C) フジテレビ (画像クリックで公式へ)   さて、今週の「シャーロック」、いかがでしたでしょうか? 毎回原作ネタをちりばめてくるのですが、事前になかなか読ませないとこ…

【#月9でシャーロック】早くも黒幕の影が!新月9ドラマ「シャーロック」第三話もシャーロッキアン的に見てみる

  ディーン・フジオカ、岩田剛典、 – (C) フジテレビ (画像クリックで公式へ)   第一話に続き第二話も盛り上がった月9ドラマ「シャーロック」。 いよいよ第三話ということで、獅子雄と若宮君のバディっぷり…

【#月9でシャーロック】アイリーン登場?新月9ドラマ「シャーロック」第二話もシャーロッキアン的に見てみる

ディーン・フジオカ、岩田剛典、 – (C) フジテレビ (画像クリックで公式へ)   先週開始の月9「シャーロック」、アイリーン・アドラーにあたる「あの女」が登場しそうな予告で楽しみにしていましたが、みなさん…

【旅食】上海から杭州に移動し真っ先に食べた奎元馆の名物麺「片儿川」。さすが江南の麺王だけあった?

  19年5月の上海旅行ですが、一泊で杭州にも行ってみました。 杭州でも、美味しいもの三昧ということで、紹介してきたいと思います。 最初は麺料理の片儿川。   上海から杭州へ移動 今回の上海旅行は4泊5日という日程だった…

【旅食】上海発祥の小籠包の老舗レストランへ行ってみた。スープたっぷりの巨大小籠包・灌湯包もおすすめです。

19年ゴールデンウィークの上海旅行。 到着翌日は、お昼に「老𠮷士(Jesse Restaurant)」で上海料理を楽しんだ後、田子坊を巡り、夕方は外灘(ワイタン)をぶらぶらしてから豫園(ユィーユエン)に行き、上海発祥の小…

【旅食】フランス租界のシンボル的ビル「武康大楼」近くの「老𠮷士(Jesse Restaurant)」で上海料理を堪能

その土地を知るにはその土地の人と話すのも重要ですが、私が重視しているのはその土地の料理を食べること。 料理の特徴からその土地の人々の好みや気候風土などに思いをいたすことができると思っています。 そんな訳で、今回の上海旅行…

【ホームズ地理学】ロンドンのホームズとドイルにゆかりの地を紹介する「Close to Holmes」。ドイリアン的視点もあり良書でした。

  ロンドンに一年住む機会があったのですが、その際に愉しんでいたのがホームズゆかりの地巡りでした。 ホームズ作品60編に登場する場所をとにかく歩いて回るというもので、総計200カ所ほど行ったでしょうか。 その後もホームズ…

【ホームズ】ベアリング・グールドによる詳しい解説が施された注釈付きホームズ全集の元祖「The Annotated Sherlock Holmes」

  イギリス留学時代、ホームズ本を持って行かなかったことからこつこつと現地で買い足していました。 単にホームズ作品を読むだけではなく、時代の違いなどによりよくわからない言葉などもありますが、そのような登場する用語に注釈を…

【ホームズ】研究のためにはやはり事典がないと。ホームズ研究に役に立つ「シャーロック・ホームズ百科事典」

もう10年ほど前になりますが、英国に留学していたときに活用した百科事典です。 といっても、本業の学問(公衆衛生学でした)ではなくシャーロッキアーナの方面にですが・・・。   ホームズに関する百科事典? 事典や辞典というと…